グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学生生活  > 学生表彰制度  > 学生表彰式

学生表彰式

課外活動表彰は、課外活動において、特に顕著な成績をあげ、課外活動の振興に功績があったと認められる団体・個人を表彰する制度です。
社会活動表彰は、社会活動において、社会的に高い評価を受け、本学の名誉を著しく高めたと認められる団体・個人を表彰する制度です。
学生模範活動表彰は、学内外において他の学生の模範となる活動を行い、表彰に値する行為があったと認められる団体・個人を表彰する制度です。

課外活動及び社会活動表彰式

平成29年度課外活動、社会活動及び学生模範活動表彰式が行われました。

表彰式集合写真

平成30年1月25日(木)に、本学431教室で、学長、副学長、学科長、顧問教員等の立会いのもと、「平成29年度学生表彰式」が行われました。
志村学長より、課外活動、社会活動及び学生模範活動に貢献した団体及び個人に表彰状と記念品が贈呈され、その功績と栄誉を称えられました。

平成29年度 課外活動に関する表彰団体・表彰者一覧
団体名又は氏名表彰事由
剣道部第49回秋季東都女子大学剣道大会(平成29年10月8日開催) 団体の部 第3位
11女子大学17チームが出場した剣道大会において、予選リーグを1位で勝ち抜いて決勝トーナメントへ進み、第3位の成績を収めた。
図書館ライブラリサポーター①第18回図書館総合展(平成28年11月8日~10日開催;来場者31,355名)において下記各賞を受賞。ほか、学生協働フォーラムにも参加。
  ・ポスターセッション優秀賞(84作品参加中、得票2位)
  ・キャラクターグランプリ会場応援賞(90組参加中、得票1位)
②今年度(平成29年11月7日~9日開催;来場者30,701名)にポスターセッションでの発表、キャラクターグランプリへのエントリー、学生協働フォーラムへ参加。【発表は例年12月上旬ころ】
村山友梨2016年度日本学生オリエンテーリング選手権大会 ミドル・ディスタンス競技部門 第2位
 平成29年3月18日
中原みなみ第20回日本病態栄養学会年次学術学会 アレンジお弁当レシピコンテスト 優秀賞(第1位)
  テーマ「糖尿病のための500kcalオリジナル弁当」平成29年1月13日
臨床栄養学分野で代表的な学会において、「彩りばっちり!新座のお弁当レシピ」と題し、新座の特産品を使用して糖尿病患者を対象としたお弁当を開発した。書類審査、実技審査、一般投票、プレゼンテーションにより審査され、優秀賞(1位)を受賞した。また、このレシピがネットの記事にも取り上げられ、新座市の特産品をより多くの人々に知ってもらうことにもなった。
これからも糖尿病の患者さんが喜ぶ治療食を開発していける実力のある学生であるため
サッカー部①第37回東京都女子サッカーリーグ1部優勝
②関東大学女子サッカーリーグ2部9位(12/10 3部2位と入れ替え戦)⇒2部残留決定
③大学内のサッカーイベント等での準備や運営などの地域貢献・普及活動も積極的に行っている。

平成29年度 社会活動に関する表彰団体・表彰者一覧
団体名又は氏名表彰事由
児童教育学科有志一同新座市における以下の活動支援 
①西分夏祭り6/24・25-西分町内会夏祭りと新座市ホタル観賞会を同時開催(ヨーヨー釣りなどの出店の手伝い・子どもみこしの誘導、支援など) 
②ちびっ子ふるさと探検隊8/3-那須塩原の子どもたちを新座にまねいて行った体験学習の支援 
③黒目川における魚取りと川遊び-HUGネット主催による小学生を対象とした川遊び、魚取りの支援活動
手話部日ごろの熱心な活動をまずはたたえる。
①夏には聴覚障害のある方が利用される法人のお祭りにボランティアや出し物で参加し、お祭りの成功に貢献した。
②桐華祭における桐華賞-パフォーマンス団体部門-及びガチコン3位。発表に向けて、日々練習を積み、手話歌の表現の素晴らしさを伝えることができた。
部員の一人一人が、聴覚に障害のある人の情報保障が進み、生活が豊かになることを支援していける存在として活躍されることを願っている。
メディアコミュニケーション学科Gガールズメディアコミュニケーション学科2,3年生で構成。活動は7年目。
新歓行事、学科交流会、卒業論文発表会を企画から運営まで学生主体で取り組む。
学科内の上下、水平の交流、教員との交流を深める重要な機能を果たし、学科における学生生活には欠かせない存在である。
メディア・ワークショップメディアコミュニケーション学科1~3年生で構成。活動は5年目。
映像制作を通して学外に情報を発信(生放送番組「MCLIP」の制作(年間10回程度)・CM制作(年1回)・埼玉県庁連携事業による企業VTRの制作・オープンキャンパス時の同時収録)することにより、学科のブランディング・学生募集活動に大きく貢献している。
プラスちゃんくらぶ①「プラザまつり」(新座駅前ほっとぷらざにて開催)やイオン新座店との夏祭りイベントでは、学生たちが企画したイベントを実施、好評を得た。「プラザまつり」の様子は、J:COMのデイリーニュース、イオン新座店での夏祭りイベントの様子は、地域コミュニティFMラジオ局「すまいるエフエム」で放送され、学生たちがインタビュー出演した。
②地域での認知度も高まり、学生が管理・運営しているTwitterでは、フォロワーが400人を超え、地域のイベントに参加するたびにフォロワー数が増えている。
③部活動訪問実施-各部活動で活動を体験。Twitterに掲載し、クラブ活動のPRにつなげている。
④他大学のキャラクターとのキャラクターイベントを現在企画中。地域の方を招待してのイベントは、メディアの取材も予定され、本学の地域活動の発信に貢献してくれるはずである。
ライターデザイン部平成29年度に同好会から部に昇格。創設3年。
①入学式特集号・桐華祭2日間特集号(新聞)発行。
②ときがわ町観光協会への協力(親子釣り大会ボランティア活動)
③埼玉県南西部地域振興センターへの協力(自転車ツアー実行委員として企画から当日対応、新聞発行)
④本年度新たに発行予定の大学広報誌にも取材・記事執筆等で協力予定。
さつまいもプロジェクトさつまいもプロジェクトは、地域貢献活動、社会貢献活動として7年目に入る。
①新座産のサツマイモで、スノーボールというお菓子をつくり、産業フェスティバル等の新座市のイベントで販売し、収益を東北支援につなげる。
②加須市にある双葉町から避難されている方々を支援する「加須ふれあいセンター」との交流も継続。騎西銀杏祭に学生8名が参加し、活動をお手伝いした。センターでつくられている小物類をお預かりし、新座市内のイベントで販売し、活動資金確保に協力。
スノーボールの調理は、本学の調理学実習室で3回、残りの5回はふるさと新座館での調理となる。移動時間や授業終了後や土・日の活動・準備時間の確保、授業時間とのやりくり等の困難を超え、労を惜しまず努力し、成果を上げつつある学生の姿は、学生表彰に値すると考える。
ゾウキリンくらぶ①野火止用水灯明まつり6/24・25-西分町内夏祭りと同時開催の「灯明まつり」における学生企画の実施と活動支援 
②石巻における魚の安全性に関する研修活動 
③中山間部支援活動(神川町)-神泉小学校での運動会支援活動
吹奏楽部①大学行事である入学式・学位記授与式での演奏。
②近郊地域(新座市・志木市・和光市など)のイベント(お祭りなど)で演奏活動(ボランティア)。

平成29年度 学生模範活動に関する表彰団体・表彰者一覧
団体名又は氏名表彰事由
佐藤佳奈①「プラスちゃんくらぶ」の代表として数々のイベントを率い、学生主体の企画を成功に導いた。現在も「十文字元気プロジェクト」の一企画「プラスちゃんといっしょ」のリーダーとして、プログラムの企画・立案、外部との交渉や広報、メンバーの統括に尽力している。
②今年度特筆すべき地域活動には、並木市長が座長の「快適みらいプロジェクト」に本学代表として参加し、産学官民携のまちづくり、未来志向のまちづくりについて学生の視点から積極的に提言を行う。
③学業面では、3月末に名古屋大学で行われた「情報処理学会第79回全国大会」において、学会発表を行う(発表タイトル「女子大学生を惹きつけるLINEの魅力と危険」)。学部生の発表は珍しく、発表内容はもちろんのこと質疑応答の応対も含め、高い評価を受けた。
④今年度も同学会において、発表のエントリーをし、卒業研究で取り組んでいるSNSを活用したキャラクターのブランディングについて、ネットとリアル社会の相乗効果についての研究報告を行う予定である。

平成29年度課外活動表彰式が行われました。

石井咲蘭さん

平成29年10月19日(木)、学長室で「平成29年度課外活動表彰式」が行われ、健康栄養学科3年石井咲蘭さんが、志村二三夫学長より表彰されました。

氏名表彰事由
石井咲蘭第11回 全日本学生テコンドー選手権大会 キョルギ種目(女子62キログラム級)優勝

学科紹介