グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2013年12月

飛行機チャーター? 2013年12月27日(金)

とても長い飛行機雲でした(2013年12月17日撮影)

先日、久しぶりに帰省したのですが、なんと、ある便の飛行機に搭乗者が私1人というやや珍しい体験をしました。

「座席が40ほどしかない小さな飛行機である」
「閑散期である」

これらの条件からすると決して奇跡レベルではないのですが、
まさか貸し切り状態だとは思いませんでした。

1人だからといって特に変わったことはなく、普段通りの手厚いサービスを受けましたが、少しVIP気分を味わいました。


さて、今年2013年10月から開始しました若桐ダイアリーですが、今年はこれをもちまして終了とさせていただきます。
ご覧いただきありがとうございました。
来年2014年も引き続きこのような感じで「同窓生を始め多くの皆様に親しみを持っていただく」をモットーに更新して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
皆様良いお年をお迎えください。

年賀状 2013年12月24日(火)

背景が白いので見えづらいですね(2013年12月19日撮影)

皆様、年賀状の準備はお済みですか?
明日中に投函すると元旦に届くそうですね。

私は毎年手作りの年賀状を送っています。
送る人が少ないとか自宅にプリンタがないとか費用とか(どれくらいかかるか分かりませんが)、手作りしている理由は色々ありますが、デザインが決まって作り出すと結構楽しいものです(自己満足の世界です)。

過去には、フェルトを切り貼りしてみたり芋判を彫ってみたりマニキュアで描いてみたり・・・
素人なので、完成度は高くありません。
途中何かが剥がれるなどして相手が受け取った時には原形と違うものになっていたこともあるのではないかと思います。

来年の干支は「午」ということで、今回は右写真のような年賀状を作りました。

1点物のため、絵柄を見てから送る相手を決めていくのも楽しいです。

プレ・クリスマス③ 2013年12月20日(金)

連鎖をもたらした武田さんの飾り付け
(2013年12月20日撮影)

「プレ=前」という意味です。

総合相談センター(7号館4階)にもクリスマスがやってきました。

きっかけは、「室内掲示板の飾り付け」。

これを見た1人の先生が「よし、私も!!」とやや軽い意気込みにしては大層立派なサンタ&トナカイの置物を制作。
さぞ重たいだろうと持ち上げたところ、軽くてびっくり。紙粘土でできていました。(年明けには新作が出るとか?)

これに続いてまた別の先生がクリスマスフラワーでお馴染みのポインセチア(赤・黄)を贈呈。

・・・と、プラスの連鎖反応によっていつの間にか自然とこのような空間が出来上がったそうです。

松本先生渾身の作品(2013年12月20日撮影)

ポインセチアは東風谷先生から(2013年12月20日撮影)

大根 2013年12月19日(木)

「大学の畑」まであと少し(2013年12月17日撮影)

恒例の大根大感謝祭が開催されました。

ニコニコ農園部のみなさんが愛情を込めて育てた大根を無料で配布するというこの企画。

在学生および学内教職員宛てのお知らせメールには

「場所:大学の畑」

いいですね~。

各家々に嫁いだ大根たちは、どんな料理に変身して食卓へ登場するのでしょうか。

大根ゲット!!(2013年12月17日撮影)

こんなに立派に育ちました(2013年12月17日撮影)

プレ・クリスマス② 2013年12月18日(水)

「クリスマス」バージョン(2013年12月13日撮影)

「プレ=前」という意味です。

前回に引き続き、学内のプレ・クリスマス情報をお伝えします。

今回ご紹介するのは、正門警備室で皆様をお出迎えしているお馴染みのどんぐり作品達~クリスマスバージョン~です。

どれも手が込んでいて、ツリー以外は今にも動き出しそうです。(雪だるまは通常動くのか分かりませんが・・・)

個人的に気に入っているのは、後方のサンタと雪だるまです。
スレンダーなタイプの両者にはなかなかお目にかかれませんが、健康的でいいですね。

皆様、素敵なクリスマスをお過ごしください。

プレ・クリスマス① 2013年12月17日(火)

7号館1階エントランス(2013年11月20日撮影)

「プレ=前」という意味です。

クリスマスまであと約1週間・・・
ということで今週はクリスマス前の学内の様子をご紹介したいと思います。

学内では11月あたりから徐々にツリーやイルミネーションが飾られ、プレ・クリスマスを楽しんでいます。

特に、この季節は陽が落ちるのが早く、暗く寒い中での帰宅時に図書館のイルミネーションを見て元気を取り戻しているのはきっと私だけではないと思います。

他にも、帰宅時新座駅に向かう途中の色々な所でクリスマスイルミネーションを観ることが出来ます。

図書館がデコレートされています(2013年11月20日撮影)

図書館前の様子(2013年12月11日撮影)

プチ同窓会 2013年12月12日(木)

ムギワラギク(2013年12月12日撮影)

つい先日、高校時代のクラスメイト3人で久しぶりに食事をしました。

途中から食べ物や飲み物の注文を忘れるほど話に夢中になり、最後には喉カラカラかつ空腹に違和感を覚えながらお店を後にしました。

当時特に仲が良かったわけではない3人で集まったことはあの頃を思うと不思議ですが、十数年経った今でも少し話せばあの頃に戻れるとは、やはり同じ時間を過ごしてきた仲間なんだなと思いました。

1人の友人は、地元で9月に行われたクラス同窓会に参加したらしいのですが、ある人の思いつきで急遽行ったこと、また週明けということもあり、あまり集まりは良くなかったようです。
もう少し計画的に行う必要はありそうですが、それぞれ仕事や家庭があり色々考えていると実現できません。誰かの思いつきや気紛れこそが同窓会を開くきっかけになるのでは?と思いました。

最近みなさんは同窓会に出席しましたか?

椿とサツマイモ天ぷら 2013年12月9日(月)

寒椿(2013年12月9日撮影)

「寒椿」が見事に紅白の花を咲かせています。

椿の花や実を見るたびに私はサツマイモの天ぷらを思い出します。

種類は異なりますが、私の故郷は椿が少しだけ有名です。
あれは、私が小学校1~2年の頃だったそうです。
一度だけ家族で椿油作りに挑戦しました。
ある秋の休日に、家族総出で敷地の山に自生している椿の実を収穫し、数日かけて天日干しにした後搾油しました。
搾油の工程は製油所の方にお願いしましたが、たくさんの椿の実を集めて手間暇かかって出来た油は思ったより少なかったこと、そして、真っ黄色の油で揚げてもらったサツマイモの天ぷらが極上の味だったことは、私の中では結構強烈な記憶として残っています。

家族の誰の思いつきで半自家製椿油を作ることになったかは覚えていませんが、そのお陰で稀有な体験ができたことには感謝しています。

白(2013年12月9日撮影)

紅(2013年12月9日撮影)

夕焼けと富士山と・・・ 2013年12月4日(水)

16:30頃の様子(2013年11月20日撮影)

いつかのリベンジです。
7号館6Fから撮影しました。

左に見えますのは「富士山」です。

そして、すごく小さいですがある生物が写り込んでいます。
さて、何でしょう?

いい夕焼け写真が撮影できたらまたご紹介します。

睡足軒の森 2013年12月2日(月)

「睡足軒の森」入口(2013年11月27日撮影)

学内の黄色いイチョウの葉が風で随分落ちました。
悲しく淋しいような、前進し潔いような・・・

そして、残り少ない葉達が太陽の光と風を受けて黄金色にキラキラゆらゆら揺れている様は、葉が多く茂っている時には見られない大変美しく趣深いものです。
まだまだ私達を楽しませてくれています。


さて、噂には聞いていましたが、百聞は一見にしかずということで先日近所の「睡足軒の森」に行って参りました。
(徒歩で往復1時間かかりました)

スタッフの方にお話を伺ったところ、今年は色付いてから散るまでが例年より早いとのことでした。

1時間弱の滞在でしたが、紅葉の美しさもさることながら、スタッフの方々のさりげない気配りや「お・も・て・な・し」に、居心地の良さを感じたひと時でした。


ライトアップ中 ※早い時間のため空はまだ明るいです(2013年11月27日撮影)

帰り道の風景(2013年11月27日撮影)

学生生活


  • 資料請求
  • 十文字学園100周年サイト
  • MWS
  • 同窓会について
  • 実務経験のある教員による授業科目一覧
  • 十文字学園女子大学機関リポジトリ
  • オフィスアワー

学科紹介