グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2014年8月

柵越しの向日葵 2014年8月29日(金)

正門前道路より(2014年7月29日撮影)

「猛烈に暑い日は別として、夏が終わるのは物寂しい」という内容の話をよく耳にします。私もその1人です。
皆さんはいかがでしょうか。

今年8月最後のダイアリーを締めくくる写真はこれにしました。(撮影日は7月末です・・・)

向日葵は、学内の4か所で見ることができるのですが、そのうち、正門前道路から柵越しに眺めることのできるこの場所の向日葵を行き帰りにチラッと見るのがこの夏の1つの日課になっていました。

準備 2014年8月27日(水)

洋種山牛蒡の実 10号棟裏にて(2014年8月22日撮影)

だいぶ涼しい本日。
「上着があった方がよい」という朝のニュースの言うことを聞かずに家を出たものの、早くも帰宅時が心配です。
スーパーの生鮮コーナーでは確実に震え上がりそうです。

さて、季節が秋の準備を進めている一方、若桐会では現在同窓生の皆様へ向けてある物の準備を行っております。
連絡先変更や「ここしばらく大学・同窓会から何も届いていない」という方は、若桐会事務局までご連絡下さい。

連絡先変更や発送希望の方はこちらまで
http://www.jumonji-u.ac.jp/campuslife/wakagirikai/report-inquiry/index.html

平成26年度 保育士資格取得特例講座懇談会 2014年8月22日(金)

十文字一夫理事長挨拶の様子(2014年8月22日撮影)

8月4日から始まった平成26年度 保育士資格取得特例講座は、本日午前中の講座をもって全日程を終了しました。
終了後の12:30から学内カフェテリア(7号館1階)で行われた懇談会には、受講者のうち53名、当講座講師(幼児教育学科、人間福祉学科)を含む教職員15名が参加しました。

十文字一夫理事長及び横須賀薫学長の挨拶では、「これからの仕事を充実させるとともに、体験を伝えて欲しい」などのお話がありました。

会食・懇談の後、今後の申請/登録手続きの流れに関する説明や免許更新講習、認定こども園等に関する質問への回答が行われました。
最後に、増田副学長より「在学生も1週間後、1年後の試験に向けて頑張っています。」など、本学の近況報告を交えて閉会の言葉が述べれられました。
司会の上垣内教授のお話にもありましたが、合計13日間に及ぶ講座を共に受講したとあって、同期受講生の皆さんのすっかり打ち解けている様子が伝わってきました。
1つの熱い夏が終わりましたね。受講生の皆さん、暑い中お疲れ様でした。

会食・懇談の様子(2014年8月22日撮影)

申請/登録手続き説明の様子(2014年8月22日撮影)

夏の終わり 2014年8月20日(水)

本日37℃越え(2014年8月20日撮影)

本日14:00過ぎに外へ出たところ、一瞬にして首などの露出した肌が危機を感じるほどの暑さでした。
日陰へ入っても涼しくありません。
学内イチョウの木に取り付けられている温湿計で確認したところ・・・写真の通り、納得です。

とはいえ、8月も後半に入り、あと数日で二十四節気の処暑を迎えます。

保育士資格取得特例講座を取材して 2014年8月19日(火)

現在、学内では平成26年度 保育士資格取得特例講座が行われており、本学卒業生59名を含む86名が受講しています。
先日8/6に2・3限「乳児保育」講座を取材させていただきました。

2限では、「個々の発達を促す生活と遊びの環境」をテーマに片岡先生の講義が行われました。
家具選びのポイント、部屋の飾り付けの工夫、、乳児に合った机・椅子選びの大切さなどといった内容の講義に続き、月齢別の遊び方やおもちゃを紹介しました。「子守唄」、「いないいないばぁ」、「人形遊び」など、揺れを感じる、寝返りを打つ、落とす、掴むなどの発達に合わせた遊び方やおもちゃの選び方を学びました。

3限では、0、1、2歳児の特性に合ったおもちゃについてグループ内でフリートークを行った後、実際におもちゃ作りを行いました。透明で柔らかいホース、針金、ビーズを材料に愛情のこもった可愛いおもちゃがあっという間に出来上がりました。簡単な構造ですが、材料の大きさや色などアイディア1つで違うタイプのものを作成できるようです。完成したおもちゃを手に、受講生は童心に返って楽しそうに遊んでおりました。

いないいないばぁ体験の様子(2014年8月6日撮影)

おもちゃ作りの様子(2014年8月6日撮影)

感じること 2014年8月11日(月)

7号館2階より(2014年8月11日撮影)

取材といいながら受講生と一緒になって学んだ幼児教育研修会の「ネイチャーワーク」という科目では、「知ることより感じることを大切にする」そうです。
普段様々な場面においてあまりの知識の無さに自分自身に嫌気がさすことが多々ありますが、「これはこういうものだ」という知識が時に感性を遮ることもあると感じました。

とはいえ、これを知識がないことの言い訳にしてはいけないですね。感じたことを言語化して伝えたり話の内容をより発展させ理解を深めたりするのに知識を得ることはもちろん大事なので、少しずつ苦手な分野の勉強もしなければと思いました。

さて、今日は、窓の外から時折眺める表情豊かな雲が大変魅惑的だったので、写真を撮ってみました。

ゾウキリンも 2014年8月5日(火)

正門付近にて(2014年7月29日撮影)

前回に引き続き、サッカーネタです。
ゾウキリンも只今サッカーモードに入っているようです。
得意技はヘディングでしょうか。

女子小学生の熱き戦い 2014年8月4日(月)

2014年8月2日・3日の両日、十文字学園女子大学グラウンドにて、「第15回十文字学園杯女子ジュニアサッカー招待大会」が開催されました。

太陽が容赦なく照り付ける中、選手たちは必死にボールを追いかけていました。

決勝は埼玉県同士の戦いとなりました。戸木南ボンバーズFCが川越女子ジュニアサッカークラブを5-1で下し優勝、見事3連覇を達成しました。

7号館2階に掲げられた大会看板(2014年8月2日撮影)

試合の様子(2014年8月2日撮影)

大学COC事業採択決定 2014年8月1日(金)

懸垂幕(2014年8月1日撮影)

1号棟‐Aに新たな懸垂幕が掲げられました。

文部科学省の平成26年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に、十文字学園女子大学の申請事業が採択されました。

詳しくはこちらをどうぞ
http://www.jumonji-u.ac.jp/outline/press/coc_H26/index.html

学生生活


  • 資料請求
  • 十文字学園100周年サイト
  • MWS
  • 同窓会について
  • 実務経験のある教員による授業科目一覧
  • 十文字学園女子大学機関リポジトリ
  • オフィスアワー

学科紹介