グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2014年11月

光の演出 2014年11月27日(木)

けやきを使ったイルミネーション(2014年11月26日撮影)

11月も残すところ僅かとなりました。
昨日は、構内においてイルミネーション企画【「J Cross Winter」~人が集まる交差点~】の点灯式が行われました。
雨が降る中傘を差しながら集まった全員でカウントダウンを行いました。
メディアコミュニケーション学科准教授の棚谷祐一先生がこの日のために作曲して下さったというオリジナルの音楽に合わせて次々と点灯していくと、光の演出に一同魅せられていました。

これから2か月に渡って十文字学園女子大学の冬に彩りを添えてくれることでしょう。

ロータリー内は一般公開しています。
開催要項については以下ファイルよりご覧いただき、機会があれば是非お立ち寄りください。

J Cross Winter 開催要項について(以下をクリックしてご覧下さい)


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


鉄棒 2014年11月25日(火)

グラウンドにて(2014年11月21日撮影)

先日久方ぶりに鉄棒に触りました。
というのも、構内の鉄棒で前回りにチャレンジしてみたのです。
鉄棒に飛び乗った時点で、既に腕がプルプル。
大丈夫か?と自分に問いかけながら恐る恐る回転。足が地面に着いた時には、ホッとしました。

ちなみに、逆上がりは出来ません。今からでも練習すれば出来るようになるのでしょうか。もし出来るようになったら、嬉しさのあまり間違いなく周囲に自慢するだろうなと思いました。

学内で行われているリメディアル教育(学力保障教育)では、学生の要望で鉄棒の授業が組まれることもあるそうです。

厚意と傘に感謝 2014年11月21日(金)

2、3号棟間中庭にて(2014年11月21日撮影)

昨日の関東地方では、午後からの思いがけない雨で困った方も多いのではないでしょうか。
もれなく私もその1人で、「新座駅まで走るしかない」と意を決していましたが、帰宅直前に幸運にも傘をお借りすることができました。貸して下さった方の厚意と雨傘に感謝しながら駅に向かいました。

本日は晴天です。
花梨(カリン)が太陽をたくさん浴びています。

自然のオブジェ 2014年11月19日(水)

グラウンド奥にて (2014年11月11日撮影)

以前、何気なく撮影した1枚です。

樹に蔓(ツル)を這わせ、絡まり、葉が色を変えたことで生まれたごく自然の現象ですが、その飾らない美しさに心惹かれてシャッターを押したのかもしれません。

仲良し 2014年11月14日(金)

10号館裏にて (2014年11月11日撮影)

先日、大変仲の良さそうなきのこに出会いました。
微笑ましいツーショットです。

小さい姿でこの色ですから、周りによく溶け込んでいます。
「気付かずに踏んでしまった」ということにならなくて安堵しています。

幼少期の笛遊び 2014年11月12日(水)

10号館裏にて (2014年11月11日撮影)

萩(ハギ)の花が咲いています。

萩は「秋の七草」の1つなんだそうです。

この花を見た時に、とても懐かしく感じました。
記憶を辿ってみたところ、小さい頃に似たような花弁を持つ豆で笛を作って遊んでいたことを思い出しました。
調べたところそれは「ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)」という名前の植物で、どうやら萩と同じ「マメ科」であることが懐かしいと感じた理由のようです。

秋のコラボレーション 2014年11月11日(火)

グラウンド奥にて (2014年11月11日撮影)

楓と松ぼっくりの夢(?)のコラボレーションが自然と実現していました。

背の高い松の木から落ちた松ぼっくりが楓の木の枝に引っかかったものと思われます。

所々色付いているものもありますが、楓の紅葉はもう少し先のようです。

仲間入り 2014年11月7日(金)

正門警備室にて(2014年11月7日撮影)

先月仲間入りした「十文字学園女子大学マスコットキャラクター プラスちゃん」。
覚えやすい名前と愛らしい表情で一気に人気者になりそうですね。

早速どんぐり作品としても活躍しているようです。

モヤモヤ 2014年11月5日(水)

「あなた、ツワブキさん?」 1号棟B付近にて(2014年10月30日撮影)

黄色が目を引く「ツワブキ」と思しき花が咲いています。

「葉だけ見ると蓮とかツワブキみたいだな」と思いながら「秋 黄色 花」で検索してもなかなかヒットしなかったのですが、先日朝の情報番組で写真付きで紹介されており、思いがけないところでその答えを知ることとなりました。

ただ、後日改めて「ツワブキ」の花の画像をいくつか見たところ、花の色や大まかな形は合っているのですが、よく見ると花弁の間隔・反り方などが微妙に違うものが結構出てきまして・・・
品種が違うのでしょうか。
環境、時期(咲き始め・咲き終わり など)の違いによるものなのでしょうか。
そもそも「ツワブキ」ではないのでしょうか。

「ツワブキに間違いない!!」と自信を持って言いたいのに言えない、モヤモヤした状態です。

学生生活


  • 資料請求
  • 十文字学園100周年サイト
  • 第53回桐華祭
  • MWS
  • 同窓会について
  • 実務経験のある教員による授業科目一覧
  • 十文字学園女子大学機関リポジトリ
  • オフィスアワー
  • 高等教育の修学支援新制度

学科紹介