グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2015年4月

オダマキ 2015年4月30日(木)

オダマキ 2-3号棟間にて(2015年4月30日撮影)

日本人女性の氏名のようですね。

4月最後は、そんな名前の花のご紹介です。

撮影していると、授業だったのでしょうか、ピアノの音が聞こえてきました。
「ピアノ」というと、学科がかなり絞られますね。

心地よい音色のおかげで、お気に入りの1枚が撮影できました。

天気マーク 2015年4月24日(金)

牡丹 8号館付近にて(2015年4月21日撮影)

天気に例えるなら、ここ数日、傘マークだらけの私の体調。
免疫機能がフル稼働で闘ってくれているのがよく分かります。
巷では、この時期にインフルエンザに罹患している人もいるようで・・・
本当の天気・天気予報に太陽マークが多いのがせめてもの救いです。

さて、そんな元気になりたい本日は、ゴージャスな花「牡丹(ボタン)」をご紹介します。
花が大きいこともあってか、嗅覚に自信のない私でもその香りを存分に楽しめました。

普段しないこと 2015年4月21日(火)

白山吹 記念ホール付近にて(2015年4月21日撮影)

先日、普段しないことをしてみました。
これまでしなかった理由は「何となく。他の人もしていないから。」でした。
結果、「して良かった。」と思いました。
今まで知らなかったことを知ることができたからです。

さて、こちらは「白山吹(シロヤマブキ)」です。
環境省レッドデータブックというものによれば、
『絶滅危惧IB類(Endangered, EN) - IA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの』
に指定されているそうです。

人間生活の影響でしょうか。

体を動かす 2015年4月16日(木)

シャクナゲ 記念ホール付近にて(2015年4月16日撮影)

本日は、緑色の芝生の上で、学生が跳んだり走ったりしている授業風景をよく見掛ける1日でした。
「体を動かす」ことからすっかり縁遠くなっていますが、今は行うのにちょうど良いシーズンですね。
いきなり激しいことはできませんが、膝を回したりストレッチしたりくらいならできるかな~
・・・なんて、「言うは易し」。思っているだけにならないように行動に移したいと思います。

さて、最近花の写真が続いていますが、またまたご紹介します。
こちら「石楠花(シャクナゲ)」です。
濃いピンク色に元気をもらえそうです。

自分らしく 2015年4月14日(火)

ロータリーにて(2015年4月14日撮影)

寒さや雨を言い訳にして、構内のいろいろを撮影しないこと、かれこれ1週間。
昼過ぎ、外を眺めると誰も傘を差していなかったので、「今のうちに!!」と思って準備をしていると、またポツリポツリと雨が降り始めました。カメラが濡れない様にストールで覆いながら急いで撮影してきました。

ロータリーに咲いているチューリップ。
写真右の赤いチューリップは他のものに比べて大きく、そして長い(高い)ですね。品種などの違いでしょうか。
どれを見てもそれぞれが自分らしく咲いています。

今週 2015年4月10日(金)

オキザリス・セルヌア 2-3号棟間にて(2015年3月27日撮影)

寒の戻りとは言いますが、今週は特に驚きましたね。特に水曜日は、この辺りでも雪が降り、服装選びに困ったという方も多かったのではないでしょうか。
個人的なエピソードとしては、行き帰りで目に留まった「冷やし中華」の文字と写真に、条件反射で身震いする1週間でした。

新1年生にとっては、入学後最初の1週間でもありますね。
皆さんが学校生活に早く慣れて、勉学などの今しかできないことに集中したり楽しんだりできますように。

写真は、先日撮影した「オキザリス・セルヌア」。
オキザリスの花言葉は「輝く心」です。

春に咲く雪? 2015年4月7日(火)

雪柳 グラウンド奥にて(2015年4月2日撮影)

本日は、カフェテリアから桜の木の下一面を覆うピンク色の花びらを眺めながら昼食をいただきました。
贅沢な気分でした。

さて、4月ですが、本日は雪をご紹介します。
先週撮影した「雪柳(ユキヤナギ)」。

小花ですが、存在感があります。

桜 2015年4月2日(木)

シダレザクラ 記念ホール付近にて(2015年4月2日撮影)

昨日まで、キャンパスが一部開放され、近隣にお住まいの方々でしょうか、多くの皆さんが訪れて桜や新緑を楽しんでいました。

構内には数種類の桜があります。
早くも葉が混ざっているものもあれば、ようやく咲き始めたものもあります。

こちらは、ソメイヨシノより少し色の濃い「シダレザクラ」です。
近くに寄って撮影したので、枝垂れ具合がやや分かりにくいですね。

この時期は、桜の話題が増えます。
日常会話の中に「花」に関する話題が入ると、気持ちが豊かになるように思います。だから、この時期が好きなのかもしれません。

学生生活


  • 資料請求
  • MWS
  • 同窓会について
  • 十文字学園女子大学機関リポジトリ
  • オフィスアワー

学科紹介