グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学生生活  > 同窓会について  > 活動報告  > 2016年度 Vol.4

2016年度 Vol.4

第3回ホームカミングデー・バザー収益金使途報告

贈呈式の様子(2016年12月21日撮影)

若桐会第3回ホームカミングデーにて実施した桐華祭第50回開催記念企画「バザー」の収益金25,050円の使途について、検討を重ねた結果、大学へ寄贈することが決定、2016(平成28)年12月21日(水)に贈呈式を執り行い、濱口若桐会会長から横須賀学長へ目録が贈呈されました。

人間発達心理部会 梅の会(養護教諭分科会)・幹事会開催報告

人間発達心理部会では、2016(平成28)年11月27日(日)10~12時、十文字学園女子大学9401演習教室において、梅の会(養護教諭分科会)・幹事会を開催、14名が参加しました。

今回の幹事会では、来年3月11日に開催する研修会(講師:幼児教育学科・教授:加藤則子先生、テーマ:成長曲線について)の準備、来年夏の総会に向けて幹事・役員の改選に関する検討、来年夏の研修会のテーマ検討を行いました。

3月の研修会では「成長曲線の積極的活用」について研修します。平成 28年4月から施行された学校保健安全法施行規則の一部改正に伴い、健康診断における成長曲線の積極的な活用が求められています。

人間発達心理部会 松竹の会(支援・心理・相談職の会)開催報告

人間発達心理部会では、2016(平成28)年11月26日(土)13~17時、十文字学園女子大学8311教室において、松竹の会(支援・心理・相談職の会)を開催、10名が参加しました。

今回は会員1名が事例報告を行い、参加者がそれぞれの立場や視点から検討を行いました。報告した会員は検討内容を踏まえて、来週からの勤務(支援職)に活用するとともに、検討から得た見立てや分析を同僚と共有していくとのことでした。今回は学科元教員の星三和子先生もご参加いただき、「現場」において心理学的な視点から理解することの重要性を改めて教えていただきました。

次回は、2017(平成29)年2月26日(日)に行われる予定です。
興味のある部会員の方は、是非ともご参加ください。連絡先:学科教員の綿井先生(m-watai@jumonji-u.ac.jp)までお願いします。

人間福祉部会「福祉の部屋」開催報告

人間福祉部会では、2016(平成28)年10月23日(日)11時30分~14時30分、十文字学園女子大学9201・9205教室において、「福祉の部屋」を開催、卒業生・教職員合わせて10名が参加しました。

会場内には、用意されたソフトドリンクを飲みながら久しぶりに再会した恩師と歓談する卒業生の姿がありました。また、前方では昨年度開催された部会創立40周年記念行事「人間福祉学科同窓生パーティ」の様子を鑑賞できるようにと写真がスライドショー形式でスクリーンに映されていました。

学科教員の久保田葉子先生に伺ったところ、「来年以降も継続して開催し、桐華祭に来た人間福祉学科卒業生の集える場所として定着させていきたい」とのことでした。

可愛い装飾品とスライドショー(2016年10月23日撮影)

参加者のみなさま(2016年10月23日撮影)

第3回ホームカミングデー開催報告

第50回桐華祭に併せて、2016(平成28)年10月22日(土)・23日(日)10:00~15:00、十文字学園女子大学2号棟1階ラウンジにおいてホームカミングデーを開催し、255名が来場しました。

第3回目となった今回は、まず、例年と同じく、卒業生来場者に対して茶菓提供およびアンケート回答依頼を行ったほか、第48回若桐会総会写真のTVスライドショー、総会アルバム、若桐会会報などの観賞コーナーを設けました。

また、新たな試みとして、桐華祭第50回開催記念企画「バザー」を実施、全品未使用の日用品が手頃な価格で購入できるとあって、大変な賑わいとなりました。総出品数114点(完売)、総売上額25,050円でした。売上金の用途については、決まり次第別途報告します。
その他、高校生および保護者からの進学・受験相談の対応(8件)、卒業生からの紹介で検定料優遇制度の適用となる「受験者紹介カード」の設置、「わたしと建学理念」作文コンクール関連冊子の陳列を行いました。

当初は、「桐華祭に来場した卒業生が集える空間の提供」を目的としてホームカミングデーを開始しましたが、回数を重ね多くの来場者を迎えて言葉を交わしたり新たな企画にチャレンジしたりする中で、卒業生に対して還元を図るのはもちろんのこと、それと並行して卒業生の力を大学および社会貢献に繋げる役割が同窓会にはあり、ホームカミングデー開催はそれを担う取り組みの1つであると再認識しました。

学科紹介