グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 進路・就職  > 取得できる資格  > その他のめざせる資格

その他のめざせる資格

さらにあなた自身のやる気と、先生方への相談、独学を通じて取得可能な資格です

ITパスポート試験
システムを使う立場の視点に立ち、ネットワークやシステムの効率化などにたずさわることが可能な資格です。情報技術の専門知識と技術が必要とされます。あらゆる分野でコンピュータシステム化が進む現在、就職に役立つ資格です。
基本情報技術者試験
システムの開発や運用業務をするために必要な資格です。コンピュータや情報システムに関する基礎的用語や表記法を理解し、プログラムの作成からそれに必要なシステム開発環境を利用・操作できる能力が要求されます。
日商PC検定
企業実務においてIT(情報通信技術)を活用する実践的な知識、スキルの習得とともに、ネット社会に対応した新たなビジネススキル育成を目的とした検定試験です。試験は、主としてビジネス文書の作成、取り扱いを問う「日商PC検定(文書作成)」と、主として業務データの活用、取り扱いを問う「日商PC検定(データ活用)」の2分野で、それぞれ1~3級まで、試験科目は実技と知識の2科目となります。
CGクリエイター検定
2次元CGと3次元CG、デザインに関する基礎的な理解と、CGの静止画制作に知識を利用する能力を測る検定試験です。
webデザイナー検定
webサイトの企画・制作・デザインに関する基礎的な理解と、webページ制作に知識を利用する能力を測る検定試験です。
CGエンジニア検定
CGの技術に関する基本的な理解と、プログラミングなどに知識を利用する能力を測る検定試験です。
画像処理エンジニア検定
画像処理の技術に関する基礎的な理解と、プログラミングなどに知識を利用する能力を測る検定試験です。
マルチメディア検定
マルチメディアの扱い方とインターネットを用いたコミュニケーション技術に関する基礎的な理解と、多様な生活の場面で知識を利用する能力を測る検定試験です。
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
マイクロソフト社のエクセル、ワード、アウトルック、アクセス、パワーポイントとWindows Vistaの機能を、どれだけ理解していかに使いこなせるか、マイクロソフト社が資格認定する制度です。
ビジネス文書検定
仕事のうえで必要な文書には、挨拶状・稟議書・見積書など、どんな企業や機関でもある程度のパターンが決まっている文書がたくさんあります。こうした定型の文書を作成する時の、用字用語知識、正しい使い方、ビジネス文書規定書式の知識、文書表現力などを評価します。

DTPエキスパート
コンピュータによる印刷紙面づくりの技能を審査する試験です。合格者にはDTPエキスパート認定書が発行されるほか、協会に登録手続きをすると、「DTPエキスパート登録者リスト」としてホームページに掲載され、外部からの照会に対して広く公表されます。認定・登録ともに技術変化を考慮して2年間の有効期間が設けられていて、有効期限後は更新受験が必要です。
販売士検定
販売のプロフェッショナル育成を目的とした、流通業では唯一の公的資格です。全国商工会連合会と日本商工会議所が実施する検定試験に合格すると取得できます。販売士は1級から3級まで設定され、1級レベルは小売業経営の高度な専門知識、管理能力、3級レベルは販売員としての基礎的な技術と知識が必要です。受験資格は学歴・年齢・経験不問。
インターネット検定(ドットコムマスター)
最新のインターネット知識やパソコンの技術動向を反映させたベンダーフリーなインターネットスキル検定。時代が求める実践的で最新のインターネットスキルを有していることをアピールできます。
日商簿記検定(3級・2級・1級)
会計帳簿など経理関連書類の記帳などの事務能力、会計書類の作成・分析から企業の経営状況を理解できる能力をみる資格です。1級から3級までありますが、2級以上は企業など組織の経理・総務・営業部門で必要とされる即戦力として評価されます。日本商工会議所が主催しています。
ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士
FP(ファイナンシャル・プランナー)は、顧客のライフプラン達成に向けてさまざまなアドバイスをおこなう国家資格です。銀行や生命保険会社などの金融業で幅広く活用されています。
医事コンピュータ(医療事務)
医療現場でも、パソコンの導入といったIT化が進んでいます。医事コンピュータは、全国でも唯一の医療事務に関するコンピュータの知識と技能を検定する試験です。これは、医療秘書教育全国協議会が主催する医療秘書実務検定と並ぶ重要な資格で、検定試験レベルは医事コンピュータ技能検定準1級・2級・3級の3段階が設定されています。
実用英語技能検定(英検)
日常生活に必要な英語を理解し、口頭で表現できると認められるのは、準2級以上のランク。英語の能力を伸ばしたい、英語を活かした仕事をしたいと考えている人にとって、実力を証明する検定のひとつです。
TOEIC®(Test of English for International Communication)
英語でのコミュニケーション能力を測定する国際的な評価テストです。進学や就職で活かしたい人は、できるだけ高いスコアを獲得することが有利です。スコアでの目安基準はA~Eレベルが設定され、一般的には600点以上が海外校への初期留学や海外出張などの目安とされています。
ダンスムーブメントインストラクターライセンス
地域において、スポーツ活動を実施しているクラブやサークル、スポーツ教室等で、ダンスムーブメントの技術や一般的な身体活動の指導をおこなうための資格です。生涯学習社会におけるダンス活動の普及や発展を図るとともに、一人ひとりの健康でこころ豊かな生活に役立つ指導者としての活躍が期待されています。社団法人 日本女子体育連盟公認の資格です。
国際秘書(CBS)検定
外資系企業などで数カ国語を駆使するバイリンガル・セクレタリーの実力を評価する資格です。試験は1次のプライマリーと2次のファイナルの2段階あり、1次合格者=準CBSも履歴書・職務経歴書に記載できる資格として認定されています。受験資格(プライマリー試験)に制限なし(ただし、ファイナル試験はプライマリー試験の合格者のみ)。単科合格した年を含め、4年以内に全試験科目に合格することが必要です。

訪問介護員(ホームヘルパー)2級
在宅の高齢者や障がい者を訪問して、食事や入浴、排泄、衣服の着脱や移動などの支援をする介護サービスや、調理、洗濯、掃除、買物などの援助や代行する生活支援サービスを行います。利用者本人や家族への精神的ケアを行うほか、家族に介護の技術的な指導を行うことも大切な仕事となっています。2級課程は主に介護業務にあたる訪問介護員養成を目的に研修が行われます。
福祉住環境コーディネーター検定試験®
医療・保健・福祉・建築について体系的に広い知識を身につけ、関連する専門家と連携をとりながら、高齢者や障がい者が住みやすい住宅改修プランを作成し、福祉用具の選定や利用に関する情報提供をおこなうものです。検定試験に合格することで級が取得できます。
秘書技能検定
文部科学省認定のもと財団法人実務技能検定協会が実施する資格試験です。秘書検定は秘書としての技能や知識を問われる試験ですが、秘書検定に合格するには非常に幅広い知識やスキルを必要としています。近年では秘書をめざす人だけではなく、社会人としてのスキルをみがきたい人や、自らの社会的価値を高めるために受検する人も多いようです。1級、準1級、2級、3級という4つのグレードにわけられています。
家族相談士
日本家族心理学会および日本家族カウンセリング協会が認定している資格です。健康な家族関係をつくるための心理的援助や指導をおこなうとともに、家族を取り巻く社会や生活環境への取り組みをおこないます。人間発達心理学科を卒業後、前述の学会・協会に入会して2年以上所属し、協会主催の研修会で所定の学習を修めることで審査に申請することができます。
認定カウンセラー
日本カウンセリング学会が認定する資格です。人間発達心理学科を卒業後、同学会の会員として2年以上所属し、スーパービジョン、学会発表、研究実績、カウンセリング活動などの5条件を満たし、160時間以上のカウンセリングの講義や研修を受けたのちに試験に合格することで取得できる資格です。
臨床発達心理士(大学院修了が条件です)
人間の生涯発達のなかで起きる諸問題を、発達心理学とその隣接諸科学の専門的知識と評価・援助技術に基づいて、解決できる専門性を有していることを認定する資格です。臨床発達心理士認定運営機構が認定します。この資格は、主として、発達心理学およびその隣接諸科学の大学院修士課程を修了することで受験資格が得られます。
臨床心理士(大学院修了が条件です)
臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を取り扱う「心の専門家」であることを認定する資格です。財団法人 日本臨床心理士資格認定協会による指定を受けた大学院(修士課程)を修了すると受験資格が得られます。
産業カウンセラー
社団法人 日本産業カウンセラー協会が認定する資格です。産業カウンセラーは、職場でのカウンセリングを担当し、心理学的な手法を用いて、働く人たちが抱える問題を自ら解決できるように援助することを主たる業務としています。4年制大学において心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する学部学科で所定の単位を取得し卒業後、試験(学科試験と実技試験)を受け、合格することで取得できます。
メンタルヘルス・マネジメント検定
働く人たちの「心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)」への関心が高まっているいま、企業や団体内の人事労務管理スタッフ、管理職、一般職員それぞれが役割に応じて必要なメンタルヘルスに関する知識・技術・態度の修得を目的とする検定試験です。対象別に3つのコースがあります。
特別支援教育士
特別支援学校において視覚障がい者や聴覚障がい者、肢体不自由者、言語障がい者の自立活動を担当する教員の資格を一般社会人に付与する認定制度です。教職課程を受けていない人にも教員免許を受ける機会が与えられています。
硬筆書写検定
文部科学省後援のもと、財団法人 日本書写技能検定協会が実施する資格試験です。硬筆書写に関する基本的な知識と実践的な技能を認定します。美しい文字を書く技術は、一般社会のさまざまな場面で役立ちます。
その他
CAD利用技術者試験・TOEFL® ・CASEC・国連英検・翻訳技能認定試験・ニュース時事能力検定・実用フランス語技能検定試験・スペイン語技能検定・中国語検定 など

(注)福祉住環境コーディネーター検定試験® は東京商工会議所の登録商標です。
(注)Microsoft、Office2007、Windows Vista、Windows XP、Word、Excel、Access、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

学科紹介