地域連携・社会貢献活動

COC事業

「超高齢社会に向けた健康長寿のまちづくり」を考える/平成27年度COC事業シンポジウム

16.03.04

 平成28年2月27日(土)にふるさと新座館ホールで本学COCシンポジウムを開催しました。「超高齢社会に向けた健康長寿のまちづくり」をテーマに、講演及びパネルディスカッションを実施し、約180名の方にご来場いただきました。

 基調講演には、筑波大学大学院人間総合科学研究科教授の久野譜也氏を迎え、「健康長寿社会を実現するSmart Wellness City」と題して、ご講演いただきました。講演では、2025年に団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる超高齢社会に向けて、車に依存しないで歩くことが生活習慣病の予防、医療費の抑制に効果的であり、そのためには都市の集約化、歩行空間と公共交通の整備、街のにぎわいの創出など、“歩いて暮らせるまちづくり”を進めることが健康都市の方向性であるとのお話がありました。

 その後のエクササイズタイムでは、本学健康栄養学科の飯田路佳教授の指導で、椅子に座ったまま身体を動かすダンスムーブメントを会場の皆さんが体験しました。

 パネルディスカッションでは、パネリストとして、講演をいただいた久野教授、須田健治新座市長、前新座市教育委員会委員長の伊藤延世氏、本学食物栄養学科の長澤伸江教授の4人が登壇し、本学児童教育学科、地域連携推進機構 副機構長の星野敦子教授がコーディネーターを務め、市民の健康づくりの取り組みの紹介や課題、今後の取り組みへの期待などについて、意見を交換しました。まとめとして、久野教授から、自治体が取り組む市民の健康づくりの施策を科学的に検証し、その検証結果を施策にフィードバックする取り組みが必要であることや、本学の学生の地域貢献活動の取り組みについて触れ、学生のフィールドワークを通した学びが大切であるとのコメントをいただきました。

 

しんぽ1   しんぽ2

 

しんぽ3

COC事業 トピック

  • 平成26~30年度COC事業最終報告書(PDF)を公開

    19.09.20

    COC事業

    平成26~30年度COC事業最終報告書(PDF)を公開

    more
  • 5年間の成果を踏まえ今後の展望を/平成30年度COC事業「地域連携シンポジウム」を開催

    19.03.14

    COC事業

    5年間の成果を踏まえ今後の展望を/平成30年度COC事業「地域連携シンポジウム」を開催

    more
  • 「ふるさとにいざ✜オータムコンサート」を開催しました

    18.11.08

    COC事業

    「ふるさとにいざ✜オータムコンサート」を開催しました

    more