グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > メディアコミュニケーション学科

メディアコミュニケーション学科

日々変化するメディア社会で活躍できる人材に

企業も個人も、さまざまなメディアを通じて情報を発信する時代。メディアコミュニケーション学科では映像、音楽、Web、雑誌などの企画や制作を学内外で実際に体験することで、情報発信力や豊かな表現力を身につけていきます。また表現技術の習得にとどまらず、プレゼンテーション(発表)やディベート(討論)を通して対話するチカラも養うことで、総合的な「メディアコミュニケーション力」を高めていきます。


学びの特徴

= Point 1 =
映像、音楽、Web、雑誌などの企画・制作を通じて
情報発信力や表現力を磨きます。

= Point 2 =
プレゼンテーションやディベートを重視。
積極的に授業に取り入れることでコミュニケーション力を習得。

= Point 3 =
さまざまな企業や行政と連携。
在学中から学外メディアを学びの場として、実践力を高めます。

教員メッセージ

川瀨 基寛 准教授

コミュニケーションの本質を理解し、実践することで社会に貢献できる人材に。
多くの人がメディアという言葉からマスコミを、コミュニケーションといく言葉から言語をイメージしがちです。そうした中で、本学科がめざすのは、さまざまなメディア媒体を通して「人と人」をつなぐための知識と技術を身につけること。テレビや新聞などの実務経験者である教授陣から理論と実践をバランスよく学び、メディアリテラシーやコミュニケーション力、表現技法を習得。コミュニケーションの本質を理解し、そのスキルを実践することで社会に貢献できる人材を育成していきます。



メディア社会や文化を理解し、社会で幅広く活躍するためのコミュニケーション力を身につけます。Web、雑誌、映像、音楽などの作品制作を通して、受け手を魅了する創造性豊かな情報発信力と表現力を身につけ、メディア社会や文化への理解を深めます。さらにプレゼンテーション(発表)やディベート(討論)の実践によりコミュニケーション力を身につけるなど、社会人として必要な力を養います。


学科主催の課外活動や研究発表から運動会やコンサートまで、様々なイベントを開催しています。


学科紹介

短期大学部

大学院