グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 文芸文化学科  > 授業・ゼミ紹介

授業・ゼミ紹介

文芸文化学科の授業を一部紹介します。


「日本語科目」の充実
自分を表現する日本語力を身につける。
就職活動で求められる論理的思考力・プレゼン力を身につける。

各種ワークショップの充実
発信型・創作系の授業を通して、企画力・実行力・集中力を身につける。

実践的な学び
学外の方との関わり合う機会を通して、コミュニケーション力・責任感を身につける。

神話・伝承学

武田比呂男教授

昔話や神社が学びになる!
伝承されるたくさんの昔話。学問として読み込むことが、昔の日本がどのような社会だったのかを紐解くカギになります。神話的想像力も一緒に身につけましょう。

世界の演劇

落合真裕専任講師

女優気分で、演劇に触れてみよう!
日本でも人気の高いミュージカルやコメディのみならず不条理劇や古典劇などさまざまなジャンルの演劇を鑑賞しながら、演劇独自の面白さや魅力について考えていきます。台詞を読んで俳優気分を味わったり、劇場での演劇鑑賞、劇場や演劇資料室の見学にも行きます。

日本と異文化

小林実准教授

日本文化のゲシュタルト崩壊!?
たとえば宇都宮の名物が餃子だというのは、 よく考えると変な気がしませんか?しかも本場中国では、 餃子と言えば焼き餃子よりも水餃子や蒸し餃子が一般的です。 あるいは、 ヨーロッパ起源のCAFÉが日本に輸入され、 100年の歴史を経るとマンガ喫茶が生まれ、 こんどは逆にMANGA CAFÉ としてフランスへ輸出されています。 文化は国境を越えてつながりつつ、 その土地柄に応じて土着化する。 その変容の過程を検討することで、 いわゆる「お国柄」が見えてきます。本講義では、 文学や芸術、 衣食住の文化全般を例に、 異文化受容の観点から「日本文化のあり方」について考察していきます。

日本語学研究

星野祐子准教授

日本語って、どんな言葉?
日本で生まれ育った人にとって、 日本語は“無意識的”な存在です。 この授業では、 そんな身近な存在である日本語のしくみ、 表現の工夫を探ります。 スタートは、研究テーマに関するデータ収集。 お気に入りの小説、 雑誌やマンガ、 好きなアーティストの歌詞…。 身の周りにある「ことば」のすべてがデータです。 たとえば複数のマンガを用いて、 登場人物のことばの特徴を調べます。 「〇〇キャラ」のことばとは何か。 「〇〇」には、 熱血・クール・オレ様・お嬢様・先生…。 いろいろなキャラクターが考えられます。 日頃、あまり気にしていないことを意識してみるのがこの授業の醍醐味です。

文芸文化学科のゼミを紹介します。学びの集大成の卒業研究に取り組みます。時間をかけて導き出した研究成果を卒業論文または卒業制作として結実させます。


文芸文化学科で履修できる科目一覧です。履修できる科目は、学年により異なります。


文芸文化学科のワークショップを紹介します。


学科紹介