グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 食物栄養学科  > 概要(学びの特色とカリキュラム)

概要(学びの特色とカリキュラム)

学科の特色

科学的な根拠に基づく、識見、企画力、指導能力、実践力を備えた感性豊かな食・栄養・健康の専門家を育てます。管理栄養士国家資格取得をはじめ、栄養教諭、フードスペシャリスト資格、NR・サプリメントアドバイザー資格、健康運動実践指導者資格、第一種衛生管理者免許の資格取得科目も充実し、食・栄養・健康にかかわる職域で活躍することが期待できます。

確かな基礎力・実践力を備える

乳幼児から高齢者までの健康に貢献できるよう、基礎からしっかり学んでいきます。また、グループワークや発表などの
実践的な授業を通して、栄養教育に欠かせないコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身につけていきます。
Ⓐ 国家試験を視野に入れたカリキュラム
 基礎から実践まで着実にステップアップできるカリキュラムが組まれています。
Ⓑ コミュニケーション力、プレゼン力の養成
 授業の中でグループワークや発表の場があり、1年次からスキルを積み重ねます。
Ⓒ 管理栄養士国家試験対策
 ■ 管理栄養士国家試験科目に応じたカリキュラム(国家試験を視野に入れた授業を展開)
 ■ 通年科目として国家試験対策講座を開講(4年次)
 ■ 特別授業の開講と模擬試験(3年次、4年次)
 ■ e-learning の導入
 ■ 担任や卒業研究の担当教員が、きめ細かく学習支援や心理面をサポート
 ■ 最新の問題集や資料を取りそろえ、多彩な情報を提供
Ⓓ 卒業研究を通して科学的視点を備える
 3年次から各研究室に所属し、それぞれのテーマについての仮説・検証・まとめのステップを実践します。
 さらに学園祭、学会、地域活動等の場で成果を公表し、実践力を養います。
Ⓔ 補習授業の開講
 基礎学力に自信をつけたい学生のために、徹底的な理解を促す基礎科目パワーアップクラスを設置するなど
 丁寧にサポートします。

高い専門性を持った管理栄養士をめざす

○管理栄養士+αの資格を取得可能
4年間のカリキュラムを学ぶことで、卒業と同時に栄養士資格を得て、管理栄養士国家試験受験資格を得ることができます。
以下の資格を取得可能
栄養教諭一種免許状(教職)、第一種衛生管理者(国家資格)、健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業財団認定資格)、専門フードスペシャリスト(食品開発/食品流通、サービス)、フードスペシャリスト(日本フードスペシャリスト協会認定資格)、NR・サプリメントアドバイザー(日本臨床栄養協会認定資格)
資格の詳しい内容については、こちらから

● 臨地実習を通して実践力を高める
3、4年次には、2~3カ所の施設で計4週間の実習を行い、実践力を養います。実習前に準備のための学習を行い、実習後は各臨地実習での学びや研究課題をまとめ、報告会でプレゼンテーションをします。本学は実習施設が豊富なことから、報告会では施設の特徴に応じた栄養管理や管理栄養士業務についての理解を深めることができます。

自分がなりたい管理栄養士をめざす

管理栄養士の活躍分野は、行政施設や病院、高齢者施設にとどまりません。食品会社などの民間企業や研究機関など、栄養のプロフェッショナルが必要とされる場は、いっそう広がっています。

こんなことを学んでいます!

【1年次】
実験に必要な基礎技術・知識を学ぶ

『食品化学実験』
食品中のうま味成分の量を調べるといった課題を通して、実験の手法や分析機器の操作方法を修得、食品の特性に対する理解も深めていきます。

【2年次】
栄養と生活習慣病との関わりを知る

『病態生理学』
糖尿病や高血圧などの生活習慣病をはじめ、心疾患や消化器疾患などの発生要因やメカニズム、治療法などを、栄養との結びつきと共に学びます。

【3年次】
学生が計画した献立の給食サービス

『給食経営管理論実習』
今までに学んだ給食経営管理の知識をもとに、学生自ら計画した給食サービスをグループで実施します。PDCAサイクルに沿った活動により、総合的に「給食」を学びます。

【4年次】
科学的根拠を示すプロセスを学ぶ

『卒業研究』
研究テーマに沿って、仮説の検証(調査・測定・実験・調理)を実践し学園祭で発表します。地域活動や学会活動にも参加しています。

モデルカリキュラム

◆モデルカリキュラム(2年次)

学科紹介