グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 健康栄養学科  > 授業、ゼミ紹介

授業、ゼミ紹介

運動プログラム演習

高橋 正人 教授

めざせ、健康トレーナー
生活習慣病の治療法のひとつに、運動不足の改善があります。この授業では、どのような運動をすればよいかといった運動処方や患者への指導について学びます。また実際の事例の検討や運動負荷心電図などの実習も行います。

給食運営実習

木村 靖子 教授

100食の大量調理を体験
「調理学実習」で修得した調理技術や「給食計画・実務論」で学んだ知識を応用して、学内の給食実習室において大量調理を実践します。献立作成、作業計画、調理、配膳、下膳など給食の一連の流れを修得します。みんなで協力して給食をつくることで、栄養士としてのやりがいを実感することができます。

基礎栄養学実験

【佐々木 菜穂 専任講師】

栄養士として人々の健康をサポートするためには、 科学的根拠に基づく幅広い栄養の知識が必要です。 栄養士免許取得のための基礎科目として1年前期に学ぶのが「基礎栄養学実験」です。 この授業では、 タンパク質や脂質などの栄養成分の定性実験、でんぷんの人工消化試験などを行います。これらの実験を通して化学・生化学実験に必要な基礎知識や手法を身につけるとともに、 食べることを科学的視点からとらえ、論理的にものを考えることを学びます。 私たちの身体の中でおきている化学反応を試験管の中で再現させるなど、 栄養学の面白さを伝えていきたいと思います。

健康づくりの運動A

【飯田 路佳 教授】

この授業では、 人々を健康に導くことができるように、 コミュニケーション能力をつけ、 温かい気持ちでわかりやすく指導できる指導者をめざします。 指導者になった際、受講者一人ひとりの顔色に気づき、 それぞれに合った健康づくりのお手伝いができるように、 体操やエアロビックなどの運動だけでなく、 必要な知識を活かしていける練習をしていきます。 特に初めての人も安心する笑顔、 隅々まで届くはっきりとした声、わかりやすい大きな動作がポイントとなります。 在学中だけでなく、 卒業後も社会で役立てるよう成長し続けるために、毎日の実践の積み重ねが重要です。

運動生理学実験

【池川 繁樹 教授】

運動生理学実験ではヒトが運動を行ったときの生理学的応答がどのようなものであるか観察し、 これらをどのように測定、評価するのかについて学びます。 呼吸・循環系については運動中の酸素摂取量や心拍数を測定。 身体組成(体脂肪率、 皮下脂肪、筋量)については形態計測と皮脂厚測定を中心にこれらの測定法を学習します。 さらに、 筋力やそのトレーニングの評価についても学びます。

応用栄養学実習

【佐々木 菜穂 専任講師】

健康の維持増進や疾病予防には、日常の食事が深くかかわっています。今回は離乳食をつくる実習で、初めての一さじから離乳完了までの発育に応じた調理形態について学びます。年齢や身体状況に応じた栄養管理を行うための知識と技術を身につけ、人々の健康をサポートする栄養士をめざします。

卒業研究

【池川 繁樹 教授】

運動生理学研究室では以下のようなテーマで卒業研究を行います。
1.運動による呼吸・循環系の応答
2.学生スポーツ選手とコンディショニング、 栄養について
3.スポーツ選手の身体組成( 体脂肪率、 皮下脂肪、 筋量)の特徴
4.筋力トレーニングが身体組成に及ぼす影響
5.スポーツの動作解析

専任教員一覧

①ゼミテーマ ②専門分野 ③主な担当科目

飯田 路佳 教授①身体表現・身体運動に関する研究(人間力を高め、適格な指導力を身につけるための方法論など)
②ダンス運動指導論、生涯スポーツにおけるダンス、高齢者の体力・健康・ダンス
③健康づくりの運動A(体力つくり運動・体操)、健康づくりの運動B(ダンス)
池川 繁樹 教授①スポーツ選手の身体組成、学生スポーツ選手と栄養、筋力と形態 
②運動生理学、バイオメカニクス 
③運動生理学、バイオメカニクス
木村 靖子 教授①ミネラル補給を目的とした高硬度水の調理への利用、トマトの消費拡大を目的とした
 トマトレシピの検討、新食品素材(桜葉、藻類、発酵食品など)を利用した料理の嗜好性と調理特性
②調理科学、給食経営管理 
③調理学、基礎調理学実習、給食計画・実務論、給食運営実習
高橋 京子 教授①生涯スポーツにおける学校体育のあり方
②保健体育科教育学 
③体育原理、保健体育科教育法
高橋 正人 教授①運動・スポーツにおける薬物・サプリメント使用(ドーピング)の問題
②内科学(内分泌代謝学)、スポーツ医学 
③解剖生理学、解剖生理学実験、病態生理学、運動生理学実験、
 運動プログラム演習、公衆衛生学
長尾 昭彦 教授①食品に含まれる栄養・機能性成分の生化学的特性と体内動態(吸収と代謝)の解明
②食品生化学 
③食品衛生学、食品衛生学実験、生化学、生化学実験
小長井 ちづる 准教授①食品成分が生体とくに脳機能に与える影響の生理心理学的評価
②食品機能学、食品生理学 
③食品学、食品加工学、食文化概論
德野 裕子 准教授①環境と食に関わるテーマに、農産物の分析や食品開発、その作物が人
 (健康維持を考える人々やスポーツを行う人)に与える影響について研究
②公衆栄養、公衆衛生、スポーツ栄養
③公衆栄養学概論、公衆栄養学実習、健康食育論、女性と健康
佐々木 菜穂 専任講師①植物性成分の栄養学的研究(サプリメント素材の安全性評価に関する研究)
②栄養学 
③基礎栄養学、基礎栄養学実験、応用栄養学、応用栄養学実習
相馬 満利 助教①スポーツ選手の形態・体力測定、球技の動作解析、科学的コーチング
②測定評価、バイオメカニクス
③健康管理概論、運動学(運動方法学)、バイオメカニクス、健康づくりの運動

学科紹介