グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 生活情報学科

生活情報学科

コンピュータとビジネス 2つのスペシャリストを育てる
4年後に、満足できる将来へと進むために。就職を重視しITとビジネスに関する科目を充実させた生活情報学科は、変化の激しい現代のビジネスシーンにおいても常に評価される職業人の育成を目標としています。「情報」と「ビジネス」の2コースを設置すると同時に、早い時期から進路を定めてさまざまな資格取得にも挑戦していきます。幅広い分野のスペシャリストとして活躍が期待されます。

学びの特徴

= Point 1 =
コンピュータ、ビジネスのどちらかを主専門とし専門性を磨き、
もう一方を副専門として自分に付加価値をつけることができます。

= Point 2 =
幅広い分野で活躍できるよう社会人に必要なことを学べる
カリキュラムを用意。

= Point 3 =
就職に直接結びつくような資格取得を普段から推進。
その支援体制も充実。

教員メッセージ

田倉 昭 教授

日ごろの成果を目に見える形に。それが4年後の“自信”につながります。
本学科は「情報」と「ビジネス」の2コースに分かれます。専門性を深めるだけでなく、他のコース科目も学べるので、教養を兼ね備えた人材を育成できます。また「目に見える成果」として資格取得を強力に支援。資格取得者は着実に増えており、その学生の顔からは強い自信が感じられます。
成長できる仕掛けをたくさん用意していますので、ぜひ人間性豊かな社会人になるための基礎と実力を身につけてください。

コンピュータを基礎から応用まで、ステップアップしながら学びます。活用技術から作成技術までしっかりと学ぶことができるので、どのようにコンピュータに関わるかによらず、社会人として必要なコンピュータスキルを身につけることができます。


ビジネスセンスは、社会人として活躍するために必要とされる大事な要素。ビジネス社会で求められる基礎的な知識と教養を幅広く身につけることで、幅広い産業・業種の事務職や企画・販売職などで活躍できる人材を育成します。


「情報コース」「ビジネスコース」どちらのコースに所属しても両コースの資格にチャレンジできます!


学科紹介

短期大学部

大学院