グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ゼミ紹介

松本ゼミ(松本 晃子 教授)

<主な内容>
・マーケティングや生活経済の考え方に基づく調査・分析を読み解き、世の中の諸現象を論理的に概観する力を身につける
・ファッション情報からデザイン知識等を学んだり、フィールドワークを通じて、商品開発に向けた実際の演習を行う。

<研究の方法>
3年次においては個人の興味・関心の分野によって個人研究か共同研究を選択。
4年次においては個人研究での論文制作を目指す。
課題について現状を調べ、問題点を抽出し、その問題点を解決する仮説をつくり、実際のデータを収集し、仮説を検証し、具体的な対策について考察する、そのような力の基盤を身につけてゆく。

<成果物>
個人研究として卒業論文にまとめる。
共同の場合は共同研究の各担当部分を明確にしながら、共通の研究テーマへのアプローチを行う。

<成果物>
 ・「和の文化と街づくり…宮染めがつくるまちの彩り」
 ・「伝統の復活と活性化…宇都宮の繊維産業を学ぶ」
 ・「ファスト・ファッションの比較分析」
 ・「ポイントカードを利用したまちづくり」
 ・「不況下での失業対策について」
 ・「水資源の経済を考える」
 ・「北海道の観光活性化」
 ・「パラサイトシングルの現状と対策」他

松本ゼミ2015 活動記録


藤本ゼミ(藤本 正徳 教授)

<ゼミテーマ>
変化の激しいグローバルなビジネス社会や企業の仕組みを学び、
世界で活躍する女性リーダーを目指そう

<活動内容>
月1回のフィールドトリップで実際の産業や企業を訪問し、リサーチ結果をゼミで討議・発表することにより、キャリア形成・進路選択に役立つコミュニケーション能力と学習能力や自信を身につけます。

<ポイント>
将来の進路・キャリア形成を自ら考えて準備をする~そのお手伝いをする
◎業際的⇒現実の産業+&実際の企業のリサーチ(フィールドトリップで、産業見学、企業訪問)

【活動例】ロッテ浦和工場見学

最先端の生産ラインやロボットを見学した後は、お待ちかねのチョコやお菓子の試食とお土産に満足!

企業訪問レポート(PDF)

学科紹介