グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学院  > 大学院概要 - 人間生活学研究科食物栄養学専攻

大学院概要 - 人間生活学研究科食物栄養学専攻

(他の専攻の設置については現在検討中です)

広く奥深い学識や技術を身につけた “ 食と栄養と健康” の専門家に、いま大きな期待

 生活習慣病の予防や治療はもとより、健康づくり人づくり、子どもの育ちと育て、人々の生活の質( Q O L ) の向上、その他様々な取り組みの中で、“ 食と栄養と健康” に関する高度で多様な専門性が極めて重要になっています。
 我が国は知識基盤社会への道をめざしており、知的活動の国際化が進む中、高度・多様化する社会的要請に応えられる人材が求められています。食生活の教育や食の安心・安全の確保、また生活習慣病対策の特定保健指導等の担い手である管理栄養士をはじめ、“ 食と栄養と健康” の専門家の幅広い職域にも、実力とともに高学位を兼ね備え、管理・運営面でリーダーシップを発揮できる人材の活躍の場が開かれています。
 人間生活学研究科食物栄養学専攻では、このような時代の要請を背景として、“ 食あっての栄養、栄養あっての健康、健康あってのQ O L ” という考えに沿い、学部教育で培った知識や技術をさらに広く深いものへと変容させ、科学的根拠に基づく栄養( Evidence-based Nutrition ) の実践活動はもとより、その指導・管理・運営を行える人材、国際的にも活躍できる人材の育成をめざします。
 そのために、授業や特別研究を通じて、科学的根拠を知り、つかい、つくり、つたえることのできる科学的視点、英語による情報収集・発信力、課題発見・問題解決力を高め、自らのキャリアを切り拓いてゆく力を養います。真の少人数教育による学生同士、学生と教員の切磋琢磨を通じた豊かな人間関係も期待できる食物栄養学専攻は、まさに十文字の学びの園( アカデミア) です。

学科紹介