グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




学生の声

海外研修体験談

異文化を感じて、自分は日本人なんだと自覚する。
今までと違った環境の中で、知らなかった自分に出会う。
海外研修は、どきどきするような“発見”の連続です!!

奨学金を利用して、1年間カナダへ留学

西田 友美 児童教育学科

NLC奨学金制度利用
留学先:
Northern Lights College(NLC) カナダ ブリティッシュ・コロンビア州

言語だけでなく文化や価値観を多く学べます

訪日する外国人が増え、日本と外国の文化や価値観が共存していくことが大切だと思うようになったことが留学のきっかけです。英語について学ぶことはもちろんですが、やはり多くの文化や価値観が入り混じる環境で生活したことで視野が広がったと思います。将来の夢は小学校の先生。ここでの経験を子どもたちに伝えられたらと考えています。

英語力を伸ばすため、半年間イギリスへ

百瀬 裕美 メディアコミュニケーション学科

海外協定大学派遣留学奨学金制度利用
留学先:
University of East Anglia(UEA) イギリス イングランド ノーフォーク州

加速する国際化に対応し英語の教職取得を決意

1年次に中国へ短期留学をしましたが、海外の学生が当たり前に英語を使っている様子にショックを受け、英語圏への留学を決意。2年次後期の半年間、イギリスへ留学しました。大学での授業以外でも、ホストファミリーとの日常会話で使う言葉をノートに書き込むなどして、語彙を増やしていきました。これからは社会の国際化が加速していくと思うので、英語の教職資格を取得し、社会に貢献していくつもりです。

日中両国において栄養面で貢献したい

厳 佳苗 食物栄養学科

短期海外語学研修
留学先:
北京語言大学(BLCU) 中国 北京市

想像以上にフレンドリーな国、中国。将来は食を通して日中間の架け橋に

世界中から留学生が集まる北京語言大学では履修した授業の多くは英語を使って行われており、語学力をもっと磨かなくてはいけないと感じるようになりました。帰国後の現在は中国語の授業も履修しています。また中国についてはいろいろな報道がされていますが、実際には非常にフレンドリーで、とても良い印象を持ちました。しかしながら、食品の品質については改善すべき点もあるので、栄養面から日中両国に貢献したいです。

国際的視点を持った保育者をめざす!

大城 さら 幼児教育学科

短期海外語学研修
留学先:
University of Hawai’i at Mānoa(UH) アメリカ ハワイ州

違いと同時に共通点も見つけられた、海外研修

留学先のクラスにはイタリアやスイス、韓国など、さまざまな国の学生がおり、「日本はどう?」と事ある毎に聞かれました。そこで感じたのは、海外の人には日本と異なる部分も多いけれど、共通点もあるということ。卒業後の進路は保育の分野で、子どもと保護者を支援したいと思っていますが、保育の現場でも国際化は進んでいます。今回の経験を活かし、日本に住む外国の方々の力になるような保育者になりたいです。

留学生も“十文字”で学んでいます!

張 霖 北京語言大学

海外からの交換留学生
留学先:
十文字学園女子大学

先生方のおかげで留学中の不安もなく充実した留学生活を送れました

バラエティー番組の面白さから、日本に興味を持つように。日本文化に触れたい、日本語を話せるようになりたいと留学を決意。先生方がとても親身になってくださるので、留学中も不安になることは一切ありませんでした。関心のある心理学について学んだり、日本語で英語や韓国語を学んだりとしっかり勉強できる環境が整っています。都心へのアクセスも良く、授業後は友人と出かけることも。充実した留学生活を送ることができました。

学科紹介