児童教育学科

対話力のある教員へ

小学校教諭一種免許状を軸に免許の複数取得が可能になりました。小学校教諭が第一目標ですが、幼稚園教諭、特別支援学校教諭免許取得のための科目が卒業単位として認められ、中学校・高等学校英語教諭の免許を取得するための科目編成も充実しました。

1年次からインターンシップを経験


1年次から大学周辺の新座市、和光市、志木市、朝霞市(以上、埼玉県)、清瀬市、東久留米市(以上、東京都)の6つの自治体と連携して、小学校でのインターンシップを体験できます。

万全の教員採用試験対策


教員採用試験対策は2年次からスタート。「採用試験対策」や「算数・数学問題特別講座」などを通して苦手とするところもしっかり学びます。水泳特別講座やマット運動、ピアノ練習など実技面のサポートも充実しています。子供の立場に立ったICT活用法も学べます。

学習指導要領の改訂に対応


平成29年3月に小学校の学習指導要領が改訂されました。外国語教育は、3・4年生には「外国語活動」が導入され、5・6年生は「外国語活動」が教科として「外国語(英語)」に変わるなど、いくつかの変更がなされました。本学科では、中学・高等学校の英語教諭免許状の取得を可能とすることで、英語に関する知識や情報を深く学べるカリキュラムを用意しました。また、平成30年より実施される「特別な教科:道徳」にも対応しています。

→児童教育学科の就職状況

詳しい内容はデジタルパンフレットで

資料請求はこちら

上へ戻る