食物栄養学科

コミュニケーション力豊かな管理栄養士へ

科学的根拠に基づく、識見、企画力、指導能力、実践力を備えた感性豊かな食・栄養・健康の専門家を育てます。管理栄養士国家資格取得をはじめ、栄養教諭、フードスペシャリスト資格、NR・サプリメントアドバイザー資格、健康運動実践指導者資格、第一種衛生管理者免許の資格取得科目も充実し、食・栄養・健康に関わる職域で活躍することが期待できます。

確かな基礎力・実践力を備える

乳幼児から高齢者までの健康に貢献できるよう、基礎からしっかり学んでいきます。また、グループワークや発表などの実践的授業を通して、栄養指導に欠かせないコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身につけていきます。

高い専門性を持った管理栄養士をめざす


●管理栄養士+αの資格を取得可能
4年間のカリキュラムを学ぶことで、卒業と同時に栄養士資格を得て、管理栄養士国家試験受験資格を得ることができます。管理栄養士は、病気・要介護・健康な方に対して、専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理、栄養管理を行う国家資格です。

●臨地実習を通して実践力を高める
3,4年次には、2~3カ所の施設で計4週間の実習を行い、実践力を養います。実習前に準備のための学習を行い、実習後は各臨地実習での学びや研究課題をまとめ、報告会でプレゼンテーションをします。本学は実習施設が豊富なことから、報告会では施設の特徴に応じた栄養管理や管理栄養士業務についての理解を深めることができます。


栄養教諭一種免許状(教職)

学校給食の管理と児童・生徒への食に関する指導を行います。

第一種衛生管理者(国家資格)

従業員の健康障害の防止(メンタルヘルスなど)や労働条件、労働環境の改善など衛生管理を行う資格です。

健康運動実践指導者(健康・体力づくり事業財団認定資格)

健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導を行う資格です。

専門フードスペシャリスト(食品開発/食品流通、サービス)、フードスペシャリスト(日本フードスペシャリスト協会認定資格)

食の本質が「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」であることを学び、食に関する幅広い知識と技術を身につけた「食の専門家」です。

NR・サプリメントアドバイザー(日本臨床栄養協会認定資格)

保健機能食品やサプリメントについて適切に指導する資格です。

自分がなりたい管理栄養士をめざす


管理栄養士の活躍分野は、行政施設や病院、高齢者施設にとどまりません。食品会社などの民間企業や研究機関など、栄養のプロフェッショナルが必要とされる場は、いっそう広がっています。

→食物栄養学科の就職状況


先生方から教わった仕事に臨む姿勢を大切にしています。


保健センターで管理栄養士として栄養指導を行っています。保護者の方からお子さんの食事相談を受けることが多いのですが、感謝されるととても嬉しく、やりがいを感じます。大学時代に先生方から教えていただいた仕事に臨む姿勢が、現在の働き方に大変役立っています。常に正しく、新しい知識を持って、これからも住民の方に役立つ存在でありたいと思います。
(高橋 彩華さん/板橋区板橋健康福祉センター勤務)

大学時代に学んだ知識が現在の商品開発に活かされています。


タマゴ加工品の商品開発を担当しています。苦労して開発した商品が店頭に並び、お客さまに「おいしい」と喜んでいただけるのが仕事のやりがいです。大学で学んだ中でも、特に「食品科学」や「食品衛生学」の知識が商品開発に活かされていると感じます。皆さんも学ぶ姿勢を忘れず、常に目標を持って素敵な学生生活を送ってください。
(鈴木 綾乃さん/キューピー株式会社勤務)

詳しい内容はデジタルパンフレットで

資料請求はこちら

上へ戻る