健康栄養学科

「食」と「運動」で健康をサポートできる栄養士へ

4年制の栄養士課程ならではの幅広い学びが可能です。栄養士としての知識・技能をベースに、健康づくりのための運動、教育方法について学び、健康的な生活を指導する力を養います。子どもから高齢者まで、すべての人々をサポートできる「健康づくりのスペシャリスト」をめざします。

栄養士に加え複数の資格取得に挑戦


健康栄養学科では、栄養と運動の専門知識・技能を合わせ持ち、人々の健康を守る新しいタイプの栄養士を育成していきます。さらに、幅広い分野での活躍を見据え、栄養士に加え、フードコーディネーター3級、栄養教諭二種免許状、健康運動指導士、高齢者体力つくり支援士、中学・高等学校の保健体育教諭一種免許状などの資格にもチャレンジできます。


栄養士

栄養学に基づき、栄養バランスの取れた献立の作成や調理方法の提案、衛生管理、健康な食生活のアドバイスなどを行います。

栄養教諭二種免許状

主に小・中・特別支援学校の教諭として、児童・生徒の食に関する指導と学校給食の管理を行い、子どもの望ましい食習慣を育みます。

中学・高等学校教諭第一種免許状(保健体育)

本学科は保健体育の教員免許の取得にも挑戦できる数少ない栄養士養成課程です。中学校や高等学校などで、食育を担いながら保健体育の指導ができるこれまでにないタイプの教員として活躍できます。

健康運動指導士(認定試験受験資格)

子どもから高齢者まで、個人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成および指導を行います。

高齢者体力つくり支援士

介護施設や病院のほか、地域などにおいて、高齢者ができるだけ長く自立した生活を送るための健康づくり・体力づくりを、そばに寄り添い支援するための資格です。

フードコーディネーター3級

おいしく豊かな食を演出するための知識と技術を習得し、食の商品開発、飲食店舗のメニュー開発、テレビや雑誌などの料理のスタイリング、レストランプロデュースなど、フードビジネスに関わるすべての分野で力を発揮することができます。

学校図書館司書教諭

学校図書館司書教諭科目5科目10単位を修得した場合に取得できます。 小・中・高免許状のうち、いずれかを併せて取得する必要があります。学校図書館の専門職的職務に就くために必要な資格です。

司書

図書館法によって定められた資格で、資料の選択・収集やレファレンスサービスなど、図書館等の情報機関での業務を専門に行うスペシャリストです。

4年生栄養士課程の強みを活かした多彩なカリキュラム


健康栄養学科は4年生の栄養士課程であることを活かし、実験や実習、実技など多種多様な授業を取り入れています。グループワークやプレゼンテーションを通して豊かな人間性と社会人基礎力を育んでいきます。




栄養と運動の知識を活かして人々の健康づくりをサポート


卒業後は栄養と健康に関する幅広い知識を活かし、さまざまな分野で活躍できます。保育所、高齢者施設などでは運動の指導もできる栄養士、食品会社やフードビジネスの分野では健康でおいしい食を提供する食品開発技術者、運動施設や教育機関では運動と栄養の指導者として、人々の健康に貢献します。

詳しい内容はデジタルパンフレットで

資料請求はこちら

上へ戻る