入試情報

学生の声VOICE

卒業生の声

ALUMNI VOICE

ここでは、十文字で学んだ先輩たちに​
色々な体験を語ってもらいます。​
そして、今これを見ている皆様へ​
これからの学生生活の準備として​見てください。​​

人間生活学部

Image

食と運動の広い知識を活かして
市民の生活を支えたい。

岩田栞理

公務員桶川市役所

入学当初からできるだけ多くの資格を取りたいと考え、健康栄養学科で挑戦できる栄養士・健康運動指導士・高齢者体力つくり支援士・フードコーディネーター3級・栄養教諭免許・保健体育教諭免許を取得しました。資格の勉強をしていく中で、次第に健康と栄養の2つの知識を活かした仕事がしたい、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方と関わりたいと考えるようになり、人々の生活を基礎から支える行政職を志すようになりました。資格取得を通して子どもの成長期に欠かせない栄養や、高齢者が健康を維持するための方法など、専門的な知識をアピールできたことが内定の決め手になったと思います。市役所には福祉や母子健康、教育、食育といった課題と向き合う部署がたくさんあります。どこに配属されても、市民の方々に寄り添ってサポートしていきたいです。

Image

ゼミ活動の病院訪問を通じて
管理栄養士になる決心をしました。

小野寺素子

管理栄養士
医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院

小さな頃から健康や疾病に興味があり、病院で働きたいと考えていました。そこで、食事面からさまざまな世代の健康を支えることができる管理栄養士に興味を持ちました。3年次 からは、ゼミ活動で毎週病院を訪問。患者や他職種の方から信頼される管理栄養士の仕事を間近で見ることができ、一人ひとりの生活に寄り添いながら少しでも良い影響を与えられ る人になりたいと考えるようになりました。就職後は日本糖尿病療養指導士やNST専門療法士といった専門的な資格にチャレンジしたり、研究を続けて、ますますスキルアップしていきたいと思います。

Image

グルテンフリーのパン作りを通じて
食品開発のやりがいを感じました。

佐久間仁美

総合職株式会社ギンビス

食品メーカーを志したきっかけは、ゼミ活動です。グルテンフリーのパンを作ったのですが、最初は思うように焼きあがらず、何十回と失敗を繰り返しました。チームの仲間と油分の見直しや苦味の調整などをして、上手に焼きあがったことは自信につながりました。就職活動では、パン作りを通して気づくことができた自分の強みをアピールし、内定をいただくことができました。就職後は製造や営業などといったさまざまな職種で経験を積み上げていきたいです。そして、いずれは大学で培った知識を活かして、アレルギー対応など幅広いニーズに応えられるような商品開発に携わりたいと思います。

Image

充実した大学生活をアピールし、
念願の乳児院に合格しました。

北川陽菜

乳児院保育士
日本赤十字社医療センター附属乳児院

実習で児童養護施設や児童相談所を訪れ、さまざまな事情を抱える子どもたちと接していくうちに、子どもたちに愛情を与える仕事に就きたいと思うようになりました。内定先を教えてくださったのは、ゼミの伊藤陽一先生です。乳児院はもともと 求人が少なく、不定期で採用情報が更新されるため、毎日かか さずホームページを確認するようアドバイスされました。就職活動を乳児院に絞って臨んでいたため、不安もありました。しかし、面接では学科の学びから得たことや、学園祭やゼミ活動などを通して身につけたリーダーシップをアピールしました。乳児院には、成長が著しく、愛情を必要とする時期の子どもたちがたくさんいます。いつも明るい笑顔で一生懸命子どもたちを支え、幸せを共有していきたいです。

教育人文学部

Image

幼稚園実習のおかげで
保育者としての未来像が描けました。

清水春奈

幼稚園教諭
学校法人 浦和榎本学園浦和こばと幼稚園

大学で保育の大切さや面白さを知り、入学時よりさらに保育者になりたいと思うようになりました。内定先は、実習で訪れた幼稚園です。子どもたちとの関わり方を見た先生から丁寧な指導とアドバイスをいただき、「ここで働いて成長したい」と強く思いました。面接でもその思いが伝わったのではないかと思います。さらに、一緒に受験した仲間がいたおかげで、落ち着いて本番に臨むこと ができました。これからは、大学で身につけたことを活かして働きたいと思います。わたし自身も毎日が発見、学びの日々だと思うので、1日1日を大切にしながら子どもたちとともに成長していきたいです。

Image

小学校インターンシップで得た経験が
現在に活かされています。

井口真帆

小学校教諭東京都 公立小学校

現在は3年生・24名の担任を務めています。大学の授業の中でも、1年次からの小学校インターンシップは、今の仕事に活かされていると感じます。大学内では学ぶことのできない小学校の1日の流れや教師の仕事を目の前で学ぶことができたおかげで、どんな状況にも冷静に対応する姿勢が身につきました。教師は勉強を教えることが仕事 ですが、授業だけでなく休み時間や給食・清掃時間も子どもたちと過ごすように意識しています。これからも子どもたち一人ひとりが抱えている悩みに気づき、それを解決できるように教師として、人として成長していきたいです。

Image

手厚いサポートのおかげで
念願の養護教諭に内定しました。

森田彩香

養護教諭埼玉県 教育委員会

高校の頃から養護教諭をめざしていたわたしは、免許が取得できる十文字を選びました。学科の先生の紹介で小学校の保健室と中学校の相談室にボランティアとして参加し、子どもと直接関わることでより一層「養護教諭になりたい」という思いを強くしました。採用試験では3つの県に合格しました。それは、現場経験が豊富な学科の先生からのご指導とあわせて、キャリア支援センターの方々に夏休み期間中、毎日面接や小論文、集団討論などをご指導いただいたからです。養護教諭の狭き門を前に、最初は無理だと思っていましたが、「わたしにもできる」と思えるようになったことが、大学生活で得られた一番大きな力だと思います。

Image

文芸文化学科でのさまざまな体験が
大きなアピールポイントになりました。

小川美穂

株式会社 三井住友銀行

内定先と出会ったのは、学内での企業セミナーです。お客様とのエピソードを気さくに話してくださる先輩たちの姿を見て、ぜひ一緒に働きたいと思いました。採用面接では、文芸文化学科で体験した歌舞伎鑑賞や着物の着付けなどを紹介し、その他にもダンス部や代表委員会での活動、短期海外語学研修などについてアピールしました。こうした数々の経験がお客様との話題づくりに役立つと評価され、内定につながりました。文芸文化学科はさまざまな知識を幅広く学ぶことができるだけでなく、「やりたい」と思ったことをサポートしてくれる環境があります。皆さんもぜひここで夢を見つけて、夢を叶えてください。

社会情報デザイン学部

Image

地球規模の環境問題を解決するために
奔走しています。

江里口若尚

一般社団法人海外環境協力センター(OECC)

学生時代から地球環境問題に取り組む仕事に携わりたいと考え、現職に就きました。OECCは国内外の環境開発に関する調査研究や能力開発、政策決定支援などを通じて、持続可能な社会をめざ す事業活動を行っています。日本側と相手国のニーズに沿い、両者が納得できるような施策を進めるのは大変ですが、現地の方に喜んでいただける支援ができたときはやりがいを感じます。大学時代から英語力は必須だと考えていたので、短期語学留学と交換留学制度を利用しました。この経験によって視野が大きく広がり、異文化のバックグラウンドがある人との交流の楽しさや難しさを 知り、その後の人生に大きなインパクトをもたらしてくれたと考えています。これからも一層知識と経験を深め、相手国や地球環境に寄与するような戦略や活動を提案していきたいと思います。

Image

大学の授業で
自分の夢が見つかりました。

笠原千聖

システムエンジニア
株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

システムエンジニアを志したきっかけは、プログラミングの授業です。自分でシステムを組み立て、実行できたときには達成感を感じました。また、接客のアルバイトで人と接する楽しさを知り、コミュニケーションを取り合いながらシステムを作り上げるシステムエンジニアが理想的な仕事だと感じるようになりました。内定の決め手は、ITパスポート試験などの資格を取得していたことと、AIなどの最新知識をアピールできたことだと思います。システムエンジニアはチームで働くことが多い仕事なので、自分が持っている知識や気づいたことを仲間と共有し合いながら働いていきたいです。また、常に新しい知識を学びながら成長し、IT業界の最先端にいられるように努力したいと思います。皆さんも十文字でさまざまな経験を積み、やりたいことを見つけていってください。

KNOW MOREもっと十文字大学を知りたい方へ