グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 岩沼市から感謝状(「千年希望の丘」への支援)が贈呈されました

岩沼市から感謝状(「千年希望の丘」への支援)が贈呈されました

 このほど宮城県岩沼市から本学は表彰され、感謝状(「千年希望の丘」への支援)が贈呈された。11月1日(土)に同市の市民会館で開催された「平成26年度岩沼市功労者表彰式」に横須賀学長が出席して、菊地啓夫市長から感謝状を受け取った。(写真1は表彰式の様子、写真2は感謝状を受け取る本学学長)
 岩沼市では、津波被害を受けたクロマツの防潮林があった海岸線一帯について、震災により発生したガレキ(再生資材)を活用して丘を築造し、また、植樹することで、津波の威力を減衰・分散させるとともに、避難場所や生物多様性の拠点として整備し、これを育成・保全していくこととして、それを「千年希望の丘」と命名して建設を進めている。それは先進的な復興モデル実現の場であり、市民一人ひとりの思いや祈り、数々の教訓を千年後の子供たちに残すための歴史的なプロジェクトでもあると位置づけられて、全国的に支援を要請している(この説明は岩沼市のHPから引用)。
 この要請に本学教職員、学生有志も応えて苗木を育て、それを同地に運び植樹を行ってきた。最近では6月29日(日)に開催された植樹祭に本学から5名の教職員と約30名の学生が参加して、育てた苗木を植樹した。そして現在も苗木の育成に協力していて、来年の植樹祭の機会には現地に赴く予定になっている。

学科紹介