グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 5/20(水)ルダシングワ夫妻 来日特別講演会が行われました。

5/20(水)ルダシングワ夫妻 来日特別講演会が行われました。

アフリカのルワンダとブルンジに義肢製作所をつくり、障害者の支援を行う、「ワンラブ・プロジェクト」の代表ガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさん、ルダシングワ(吉田)真美さんを講師に迎え、特別講演会が行われました。

講演会は、5月20日(水)の5限、9106教室、キャリアサポート(担当教員:亀田温子、松永修一)の授業内で行われたものです。

1994年に民族紛争から大虐殺が行われたルワンダ。その歴史や地理の話から、ワンラブ・プロジェクトの活動、義肢製作の実例、障害者との交流などの体験談、様々な取り組みが紹介されました。

本物そっくりの手をはめてあげた女性から、「この指にマニキュアを塗ってもいいの?」と尋ねられ、女性らしい思いを持ってもらえたことが嬉しかった、と語る真美さん。
彼女は2012年度シチズン・オブ・ザ・イヤーにも選ばれています。

「虐殺に対して報復の選択を取らなかったことが、ルワンダ人として唯一の誇り。特定の民族ではなく、ルワンダ人として生きていきたい。」
最後に語られたガデラさんの言葉がとても印象に残る講演会でした。

また、今回の特別講演会に参加した学生から、多数の感想が寄せられています。
⇒学生の感想


▼ムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクト
http://www.onelove-project.info

▼2012年度シチズン・オブ・ザ・イヤー
http://www.citizen.co.jp/coy/archive/2012_03.html

左:ルダシングワ 真美さん
右:ガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさん

出席した学生と記念撮影を行いました

学科紹介