グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 児童教育学科の学生が、新座市立新開小学校合唱と朗読による総合表現作品「利根川」の発表を行いました。

児童教育学科の学生が、新座市立新開小学校合唱と朗読による総合表現作品「利根川」の発表を行いました。

平成29年7月14日(金)、児童教育学科の学生が、新座市立新開小学校の朝礼「わくわく集会」において、合唱と朗読による総合表現作品「利根川」の発表を行いました。
この日は、小学校の教員になることを目指し、児童専門科目「表現活動(基礎)」を受講している同学科の1年生43人と2年生7人が、全校児童を前に作品を披露。「練習を重ねることによって、人前で発表する恥ずかしさを克服することができた。みなさんもがんばってほしい」というメッセージと元気な歌声を体育館に響かせました。
7月25日(火)には、老人介護施設・ウエルケアテラス新座にて発表の予定です。

▼児童教育学科
http://www.jumonji-u.ac.jp/department/child/index.html

(児童教育学科1年 田村沙也香さんのあいさつ)
「最初は恥ずかしく、歌う声も小さく朗読もうまくできませんでしたが、練習を重ねていくうちにみんなの気持ちがひとつになり恥ずかしくなくなりました。みなさんも練習を重ねることで、今日の私たちのように堂々と発表できるようになります。
私たちは大学で勉強を頑張りますので、みなさんも頑張って楽しい学校生活を送ってください。」

当日の様子

学科紹介