グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 人間福祉学科の1年生が、「音と動きのワークショップ」に参加しました。

人間福祉学科の1年生が、「音と動きのワークショップ」に参加しました。

人間福祉学科 社会福祉・保育コースの1年生26名が、「保育の表現技術Ⅱ(身体表現)」の授業の一環として、2017年12月3日(日)に、新座クリエイティブワークショップ主催「音と動きのワークショップ(ファシリテーター:堀のぞみ氏)」に参加しました。新座クリエイティブワークショップでは、20年以上にわたり、障がいの有無に関係なく共に身体表現を創造する活動が続けられていますが、初めて参加した学生たちも、一人ひとりの個性が大切にされる快適な空間で、言葉を用いないコミュニケーションを楽しみ、型や決まりのない自由な身体表現の世界に引きこまれていきました。活動を通して得た気づきを、これからの保育、社会福祉の学びに活かしていきます。

学科紹介

短期大学部

大学院