グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 文芸文化学科 樋口 一貴准教授が企画協力に参加する「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」が、10月5日~11月24日に開催されます。

文芸文化学科 樋口 一貴准教授が企画協力に参加する「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」が、10月5日~11月24日に開催されます。

クリックで画像拡大

文芸文化学科 樋口 一貴准教授が企画協力として参加する「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」が、10月5日(土)~11月24日(日)の期間に開催されます。

18世紀後半の浮世絵界の中心として、人物を美しく活き活きと描いた「美人画」を題材に、個性豊かな絵師が描いた約230点の版画、版本、肉筆画が展示されます。天明・寛政の「黄金期」の美人画の魅力を感じることができる展示会です。

10月20日(日)には記念講演会が開催されます。「美男?美女?“美人”画は浮世絵に咲く大輪の花!」を題目に、樋口准教授が講師として登壇されます。
ぜひお出かけください。

会期 2019年10月5日(土)~ 11月24日(日)
 前期:10月5日(土)~10月27日(日)
 後期:10月29日(火)~11月24日(日)
休館日毎週月曜日
※10月14日(月・祝)、11月4日(月・振休)は開館
 翌10月15日、11月5日(火)は休館
会場企画展示室1、2
主催町田市立国際版画美術館
助成芸術文化振興基金
ウェブサイトhttp://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2019-432

学科紹介