グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 文芸文化学科・石川敬史研究室の3年生が読書手帳を開発しました

文芸文化学科・石川敬史研究室の3年生が読書手帳を開発しました

文芸文化学科・石川敬史研究室3年生と,日本事務器株式会社,コフカ株式会社との産学連携プロジェクトにより,読書手帳を開発しました。この読書手帳は,第21回図書館総合展(11月12日から14日:パシフィコ横浜)にて発表したほか,令和元年度第2回埼玉県子供読書活動推進会議(11月26日:本学開催)においても「産学連携による読書手帳づくり」と題して学生が口頭発表しました。
この読書手帳には,かわいい動物のキャラクターが描かれ,4色の表紙から構成されています。本の情報を記入する欄は,図書館システムと連携してシールラベルを貼ることも可能です。これらのアイディアは全て学生が企画したもの。本学図書館にて読書手帳を展示しています。

4色から構成される読書手帳

図書館総合展で説明する学生

埼玉県子供読書活動推進会議での発表

日本事務器(株)本社で発表する学生

▼日本事務器株式会社
https://www.njc.co.jp/

▼コフカ株式会社
https://coffca.jp/

学科紹介