グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 人間発達心理学科 東畑 開人 准教授が、紀伊國屋じんぶん大賞2020を受賞しました

人間発達心理学科 東畑 開人 准教授が、紀伊國屋じんぶん大賞2020を受賞しました

人間発達心理学科 東畑 開人准教授の著書『居るのはつらいよーケアとセラピーについての覚書』(医学書院)が、「紀伊國屋じんぶん大賞2020 読者と選ぶ人文書ベスト30」の大賞を受賞しました。
第19回大佛次郎論壇賞(朝日新聞社主催)に続く受賞となります。

紀伊國屋じんぶん大賞は、2018年12月~2019年11月末までに刊行された「人文書」を対象に、紀伊國屋書店社内の選考委員、社員による投票や、読者による推薦図書アンケートの結果を元に、「大賞」及び「2019年の人文書ベスト30」が選定されるものです。

<紀伊国屋書店プレスリリース>
「紀伊國屋じんぶん大賞2020 読者と選ぶ人文書ベスト30」を発表

<関連ページ>
▼人間発達心理学科 東畑開人准教授が第19回大佛次郎論壇賞を受賞しました
▼報道紹介|朝日新聞に、人間発達心理学科 東畑 開人 准教授の記事が掲載されました

学科紹介