グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 12/6(土)に第1回「十(プラス)キャンパス連絡会議」が開催されました。

12/6(土)に第1回「十(プラス)キャンパス連絡会議」が開催されました。

 本学COC事業を進める上で核となる会合「十(プラス)キャンパス連絡会議」の第1回会議が12月6日、学内で開催されました。当日は、新座市内の各機関・団体から9名、本学から増田吉史副学長ら10名が出席し、地域連携の具体例やアイデアについて意見交換し、相互理解を深めました。
 連絡会議は、新座市内をキャンパスに見立てた本学COC事業を進めるにあたり、地域の課題やニーズに即した教育研究活動を展開するため、市内の主だった機関・団体の方々と定期的に意見交換するため設置したものです。
 1回目の会議ということで、会議前半で安達一寿副学長より本学COC事業についての内容説明、瀬倉通利事務局長より会議の設置要綱の提案、星野敦子副機構長より平成26年度に学内採択された42の「地域志向教育研究」のテーマについて説明がありました。
 意見交換では新座市の伊藤佳史企画課長と市教委の斉藤直之指導課副課長より市や市教委がかかわった連携事業を報告していただきました。さらに今後、連携の可能性があるテーマについて資料を使って提案があり、ほかの出席者からも各機関、団体の特徴を踏まえた連携アイデアなどが提案されるなど、本学出席者からは「大いに参考になった」という声が聞かれました。
 なお、新座市内の会議構成メンバーは次の通りです。
 新座市、新座市教育委員会、新座警察署、新座市商工会、JAあさか野、新座市社会福祉協議会、新座市PTA・保護者会連合会、NPO代表
 今後のCOC事業を進める上で今回の会議はとても有意義なものとなりました。

学科紹介