グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 児童教育学科の2年生が自然体験講座を実施しました

児童教育学科の2年生が自然体験講座を実施しました

野外炊事の前の薪割り

2018年8月29日~31日までの3日間、児童教育学科の2年生が、赤城山で自然体験講座(宿泊学習)を行いました。この行事は、教員を目指す学生たちが、校外学習・特別活動を計画・運営する知識と技能を身につけると共に、小学校教師としての資質を高めることを目的に、「教育発展演習」の授業の一環として学科で毎年開催しています。

山登り、野外炊事、ネイチャーウォーク、ナイトプログラム、キャンプファイヤー、木の葉を使ったクラフト、生活全般、レクリエーションなど学生は役割を分担して安全面に配慮した指導案を作成し、協力して準備にあたりました。児童教育学科の団結力がさらに深まり、将来に活かせる実践力を身につけることができました。

9月16日(日)のオープンキャンパスでは、今回の自然体験講座の様子をはじめ、学科で行っているイベントや日頃の授業風景について、学生たちが発表します。是非、児童教育学科のアカデミック展示・学科紹介にお越しください。

▼児童教育学科
http://www.jumonji-u.ac.jp/department/child/index.html

急な斜面も声をかけあって登ります

頂上での笑顔

野外炊事では、美味しいカレーができました

教員になるための実践力を磨く「教育発展演習」の授業

学科紹介