グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > オリジナルカレンダー「ちちぶの自然と食」を制作しました

オリジナルカレンダー「ちちぶの自然と食」を制作しました

本学食物栄養学科 名倉 秀子研究室と、生活情報学科 泉 直子研究室の学生が、オリジナルカレンダー「十文字学園女子大学生の見た『ちちぶの自然と食』2019年」を制作しました。このカレンダーは、埼玉県の中山間地域ふるさと調査研究事業「平成30年度中山間『ふるさと支援隊』」の助成を受け制作しました。2学科合同で学生と教員が1年間にわたり、秩父市の北西部に位置する石間地域(旧吉田町)を訪問しまとめたものです。

食物栄養学科3年の学生4人が得意分野を生かし「地域の方からの聞き書きレシピ」を担当しました。昔から伝わる「秩父の伝統的な食」をテーマに取材を重ね、今に伝わるお料理やお菓子、また、今ではあまり作られなくなってしまったお料理などの話を、地域の方々との交流を通して学び、作り方を教わりました。

カレンダー制作は生活情報学科3年の学生4人が積極的に企画し、全体の構成はじめ表紙のデザイン、写真など細部にわたりアイデアを出し合い作りあげました。地域の方とのコミュニケーションを通して多くのことを学び、自然に連れ合い、伝統食をいただき、学生の感性でまとめたものです。

ぜひご覧ください。

2019年オリジナルカレンダー
十文字学園女子大学生の見た「ちちぶの自然と食」
http://www.jumonji-u.ac.jp/pdf/titibucoyomi2019No2.pdf/

学科紹介