グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > 1月30日、ほっとカフェ@十文字を開催しました

1月30日、ほっとカフェ@十文字を開催しました

秩父伝統の踊りを学生たちが披露しました

 2019年1月30日(水)、本学9号棟1階介護実習室において、本年度第2回目の「ほっとカフェ@十文字」を開催しました。
 本カフェは、本学学生と教員が、新座市役所をはじめ地域の専門職や民生委員、町内会の方とともに運営し、2016年度から年2回程度開催しています。地域の方たちとの交流の場、また専門職の人に介護等について相談できる場として定着してきました。

 今回のプログラムの1つ目は、「八木節」を基本とした秩父伝統の踊りを、本学非常勤講師の野島靖子先生、菅野清子先生のリードのもと学生たちが披露し、その後、参加者と一緒に踊るというものでした。参加者と学生たちが、歌いながら楽しそうに踊っている姿が方々で見られました。
 
 2つ目は、西部高齢者相談センターの職員のリードのもと、認知症を予防する「脳トレ」に挑戦しました。学生たちも苦戦する問題が出され、楽しみながらも一生懸命取り組みました。
 
 参加者の方たちは、プログラムの合間にお茶とお菓子を食べたり、情報交換をしたり、骨密度の測定をするなど、それぞれが楽しみながら学ぶ1日となりました。
 

鉢巻きを撒いて「脳トレ」に挑戦

骨密度の測定も行いました

学科紹介