グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 新着情報  > ベトナム、タイの栄養学教育への貢献:食物栄養学科 山本茂教授

ベトナム、タイの栄養学教育への貢献:食物栄養学科 山本茂教授

ベトナム名誉博士学位が授与されました

山本教授の約20年にわたるベトナムでの栄養教育・研究指導が元となり、2013年9月ハノイ医学大学にベトナム初の栄養教育制度(学士4年制)が設立されました。45名の学生が入学し、全国統一の入学試験結果は、ベトナムのほとんどの一流大学に合格可能な成績となりました。

一連の貢献に対して、ベトナム保健省高等教育局長Khan博士(写真左)より名誉博士学位が授与されました 2013.09.30

ベトナム初のハノイ医学大学栄養学専攻生への講義。
(NHKの取材中)2013.10.1

ハノイ医学大学栄養学学士課程の設立記念で挨拶する山本教授
2013.10.2

会場風景 2013.10.2

マヒドン大学に「栄養改善のための味覚研究室」を味の素のサポートを得て設立

山本茂教授がタイマヒドン大学で講演されました。教授は数年にわたる努力の結果、東南アジアにおける栄養学教育のリーダー的存在であるタイのマヒドン大学に「栄養改善のための味覚研究室」を味の素のサポートを得て設立。式典が、9月5日に同大学で行われました。

タイマヒドン大学での「旨みの感覚と栄養研究室開設式典」での講演風景

学科紹介