グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学案内  > 公正な研究の推進

公正な研究の推進

公正な研究の推進のための取組み

十文字学園女子大学は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)を踏まえ、「十文字学園女子大学における研究活動上の不正行為の防止に関する規程」を定め、研究費等の不正使用及び研究活動における不正行為を防止する取り組みを行っています。

管理運営体制

最高管理責任者 学長

最高管理責任者は、大学全体の研究活動の管理を統括し、研究費の管理運営について最終責任を負う者とし、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者及び研究倫理教育責任者を指揮監督して、研究活動及び研究費の適正な管理運営を図る。

統括管理責任者 研究担当副学長

統括管理責任者は、最高管理責任者を補佐し、研究費の管理運営について本学全体を統括し、研究費の適正、適切な使用に関し必要な職務を行う。

コンプライアンス推進責任者 事務局長

コンプライアンス推進責任者は、自己の管理監督又は指導する部局等において、研究費の適正、適切な使用に関し必要な職務を行う。

研究倫理教育責任者 研究担当副学長

研究倫理教育責任者は、研究倫理に関する知識の定着、更新に関し必要な職務を行う。

研究費不正使用防止計画推進室

研究費の不正使用に関する防止計画を推進するため、研究費不正使用防止計画推進室を置いています。
構成員は研究担当副学長(室長)、研究推進委員会において選出された教員2名、総務部長、社会交流・研究支援部長、その他学長が必要と認めた者です。

推進室の業務
1 研究費不正使用の発生要因の調査に関すること。
2 研究費不正使用に関する防止計画(以下「防止計画」という。)の策定及び実施に関すること。
3 防止計画に基づく実施状況の把握に関すること。
4 その他防止計画の推進に関すること。

研究費不正使用防止計画

研究費の不正使用を防止するため、研究費不正使用防止計画を策定しています。

研究倫理委員会

研究に関する倫理事項を審議するため、研究倫理委員会を置いています。
構成員は研究担当副学長、専任教員4名、その他委員長が必要と認めた者です。

委員会の業務
1 「十文字学園女子大学・同短期大学部における人を対象とする研究に関する倫理指針」に基づく本学における研究の倫理に関わる基本的事項。
2 「十文字学園女子大学における研究活動上の不正行為に関する規程」に定める研究倫理教育に関すること。
3 「十文字学園女子大学における研究活動上の不正行為に関する規程」に掲げる研究活動の不正行為の防止に関すること。
4 教員から申請のあった人を対象とする研究に関する実施計画の審査。
5 人を対象とする研究に関する又は準ずる行為の倫理に関すること。
6 利益相反マネジメントに関すること。

相談窓口

研究費の事務処理手続き及び使用ルール等に関して、学内外からの相談を受け付ける窓口です。
相談された情報は、必要な調査を行うためだけに使用します。また、相談者は、相談をしたことを理由に、不利益な取り扱いを受けることはありません。

連絡先:研究支援課
電話:048-477-0555(代表)
住所:埼玉県新座市菅沢2-1-28

通報窓口

研究活動上の不正行為に関して、学内外からの通報を受け付ける窓口です。
通報された情報は、必要な調査を行うためだけに使用します。また、通報者は、相談をしたことを理由に、不利益な取り扱いを受けることはありません。

連絡先:会計課
電話:048-477-0555(代表)
住所:埼玉県新座市菅沢2-1-28

業者の皆様へ

大学等研究機関における研究費の不正使用事案が、依然として後を絶たないことを受け、文部科学省において、大学等研究機関は取引業者から不正な取引に関与しない旨を定めた誓約書等の提出を求めることとされました。
このため、本学では、「研究費不正使用防止計画」において、一定のリスク要因・実効性等を考慮したうえで、取引業者に誓約書等の提出を求めることといたしました。
ついては、別紙「誓約書」の提出をお願いいたしますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


学科紹介

短期大学部

大学院