グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学案内  > 広報について  > 文部科学省の平成26年度「地(知)の拠点整備事業」に本学が採択されました。

文部科学省の平成26年度「地(知)の拠点整備事業」に本学が採択されました。

文部科学省の平成26年度「地(知)の拠点整備事業」に本学の申請事業「新座市をキャンパスに!+(プラス)となる人づくり、街づくり」が採択されました。

平成26年度の本事業には、全国の大学、短期大学、高等専門学校より237件の申請があり、25件(単独24件、共同事業1件)が採択され、埼玉県では本学が唯一採択されました。

文部科学省によるこの事業は、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める「地域のための大学」として全学的な教育カリキュラム・教育組織の改革を行いながら、地域の課題(ニーズ)と大学の資源(シーズ)の効果的なマッチングによる地域の課題解決、さらには自治体を中心に地域社会と大学が協働して課題を共有しそれを踏まえた地域振興の立案・実施まで視野に入れた取り組みを進めるものです。

本学は、新座市と全面的に連携協力し、本学のキャンパスに加えて同市内を「+(プラス)キャンパス」と設定し学生、教職員ともにプラスキャンパスと果敢に交わりながら人材育成・活力ある地域社会づくりを推進していきます。

学長挨拶

学長の横須賀 薫です。日頃から本学の教育活動にご支援をいただきありがとうございます。また、通学路の混雑など日頃からご迷惑をおかけしていること、お詫びするとともに寛大なお心で接してくださっていることに感謝申し上げます。
このたび文科省の大型補助事業に採択され、大学として大喜びするとともに今後の責任の大きさに身の引き締まる思いでおります。
私どもの大学の学生は90%以上が自宅通学生です。同時にほとんどの学生が卒業すれば職業について社会に出ていきます。その意味では大学の4年間で社会に出る準備をすることが大切になります。そのための教育を授業や実習で行っていますが、机上の勉強には限界があります。社会の中で、さまざまな人々に接し、さまざまな活動を共にすることによって社会性を養っていくことができると考えています。「新座をプラスキャンパスに」とはそういう意味です。
このキャッチフレーズを合言葉にしてさらに本格的に「地域を学ぶ、地域で学ぶ」教育活動を充実させていきますのでよろしくご支援をお願いします。

関連情報

・文部科学省Webサイト「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/coc/index.htm
・平成26年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」選定状況
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/07/25/1350283_1_2.pdf

学科紹介