グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > あ行  > 石田 有理

石田 有理

人間生活学部 人間発達心理学科 講師
石田 有理(いしだ ゆうり)

担当講義科目名

乳幼児期の心理学
行動観察法実習

講義内容

乳幼児期の心理学人生の基礎がつくられる乳幼児期の発達の仕組みと様相を理解し、乳幼児の発達理解の方法を学ぶ。
行動観察法実習子どもの観察や映像記録を通して、観察対象、場面、方法、記録についての技法を習得し、人を科学的に観察する態度を養う。

研究分野

発達心理学 (認知発達)

所属学会

日本心理学会日本発達心理学会
日本教育心理学会日本保育学会

学歴

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達科学専攻 博士前期課程修了
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達科学専攻 博士後期課程単位取得退学

経歴

2003年~(株)ベネッセコーポーレーション幼児通信教育講座委託研究員
2008年~2010年上尾中央医療専門学校非常勤講師
2010年~昭和大学非常勤講師

学位・資格

博士(人文科学)

最近のおもな業績

「幼児の属性間の因果関係に基づくカテゴリー判断の発達」 教育心理学研究59巻1号 2011年
「幼児の帰納推論における知識の影響」 教育心理学研究59巻3号 2011年
山下倫実・加藤陽子・石田有理(2016)育児ストレスが母親アイデンティティに及ぼす影響に関する予備的検討-父親の育児行動に対する評価に着目して- 
十文字学園女子大学紀要 第47集,p25-36.

学科紹介