グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > あ行  > 大宮 明子

大宮 明子

人間生活学部 幼児教育学科 教授
大宮 明子(おおみや あきこ)

担当講義科目名

児童学研究法
乳幼児発達論
保育心理学

講義内容

児童学研究法子どもを理解するための様々な研究方法を身につけ、実践する。
乳幼児発達論言語発達の様相とメカニズムを発達心理学的視点から学び、言語発達を促す養育者や保育者の関わりについて考える。
保育心理学乳幼児期の子どもの発達・学習の過程・性格・適応などについて理解し、保育における発達的援助を学ぶ。

研究分野

発達心理学、認知心理学。特に子どもの思考の発達、乳幼児期の親子の関わりについて。

所属学会

日本心理学会日本教育心理学会日本発達心理学会
日本保育学会日本保育者養成教育学会

学歴

2001年 お茶の水女子大学人間文化研究科博士前期課程修了
2008年 お茶の水女子大学人間文化研究科博士後期課程修了

経歴

1999年~(株)ベネッセコーポーレーション幼児通信教育講座委託研究員
2004年~2010年神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部非常勤講師
2004年~2009年北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科非常勤講師
2007年横浜女子短期大学保育科非常勤講師
2008年明治学院大学非常勤講師
2009年お茶の水女子大学人間発達教育研究センター特任講師
2010年(独)科学技術振興機構社会技術研究開発センターアソシエィトフェロー

学位・資格

博士(人文科学)

最近のおもな業績

「幼児のデジタル機器利用実態と保護者の意識」十文字学園女子大学人間生活学部紀要第12巻p.13-232014年
「幼児期からの論理的思考の発達過程に関する研究」風間書房2013年
「論理的に考える心はいつ芽生えるか」よくわかる乳幼児心理学p.174-175 ミネルヴァ書房2008年
「子どもはなぜゲームに熱中するのか-幼児教育ソフトの功罪-.」よくわかる乳幼児心理学p.184-185 ミネルヴァ書房2008年
「幼児期の不定推論の発達過程」 心理学研究第79巻p.1-8.2008年

学科紹介