グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > あ行  > 井手 隆

井手 隆

人間生活学研究科 食物栄養学専攻 兼 人間生活学部 食物栄養学科 教授
井手 隆(いで たかし)

担当講義科目名

人間生物化学
食品衛生学

講義内容

人間生物化学栄養素あるいは体を構成する物質の物理化学的性質およびその生体の中での役割・代謝について理解する。
食品衛生学食品の安全性を脅かすさまざまな要因について述べ、食品の安全性を堅持する方策につき学び理解する。

研究分野

食品機能
栄養化学

所属学会

日本栄養・食糧学会日本食品化学工学会油脂・コレステロール研究会
日本食品衛生学会日本ゴマ科学会日本農芸化学会 等

学歴

九州大学大学院農学研究科博士課程修了

経歴

九州大学農学部・助手
農林水産省食品総合研究所(現(独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所)・主任研究官
食品総合研究所・栄養科学研究室長
食品総合研究所・栄養機能ユニット長
十文字学園女子大学人間生活学部食物栄養学科・教授
十文字学園女子大学人間生活学研究科食物栄養学専攻・教授

学位・資格

農学博士

最近のおもな業績

原著論文

1. Ide T. Physiological activities of the combination of fish oil and α-lipoic acid affecting hepatic lipogenesis and parameters related to oxidative stress in rats. Eur J Nutr. 2017 in press. doi: 10.1007/s00394-017-1440-0. Impact factor 3.239
2. Ide T, Iwase H, Amano S, Sunahara S, Tachihara A, Yagi M, Watanabe T. Physiological effects of γ-linolenic acid and sesamin on hepatic fatty acid synthesis and oxidation. J Nutr Biochem. 2017;41:42-55. doi:10.1016/j.jnutbio.2016.12.001. Impact factor 4.668
3. Hashimoto T, Ide T. Activity and mRNA Levels of Enzymes Involved in Hepatic Fatty Acid Synthesis in Rats Fed Naringenin. J Agric Food Chem. 2015;63(43):9536-42. doi: 10.1021/acs.jafc.5b03734. Impact Factor 2.857
4. Ide T, Azechi A, Kitade S, Kunimatsu Y, Suzuki N, Nakajima C, Ogata N. Comparative effects of sesame seeds differing in lignan contents and composition on fatty Acid oxidation in rat liver. J Oleo Sci. 2015;64(2):211-22. doi:10.5650/jos.ess14182.Impact Factor 1.1.08
5. Ide T. Combined effect of sesamin and soybean phospholipid on hepatic fatty acid metabolism in rats. J Clin Biochem Nutr. 2014;54(3):210-8. doi:10.3164/jcbn.13-83. Impact factor 1.694
6. Ide T. Effect of dietary α-lipoic acid on the mRNA expression of genes involved in drug metabolism and antioxidation system in rat liver. Br J Nutr. 2014;112(3):295-308. doi:10.1017/S0007114514000841. Impact factor 3.311
7. Ide T, Azechi A, Suzuki N, Kunimatsu Y, Nakajima C. Effects of dietary α-lipoic acid enantiomers on hepatic fatty acid metabolism in rats. J Func Foods. 2013; 5 (1): 71–9. doi:10.1016/j.jff.2012.08.005 Impact factor 3.973
8. Ide T, Azechi A, Kitade S, Kunimatsu Y, Suzuki N, Nakajima C. Combined effect
of sesamin and α-lipoic acid on hepatic fatty acid metabolism in rats. Eur J Nutr. 2013;52(3):1015-27. doi: 10.1007/s00394-012-0408-3. Impact factor 3.239
9. Ide T. Fish oil at low dietary levels enhances physiological activity of sesamin to increase hepatic fatty acid oxidation in rats. J Clin Biochem Nutr. 2012;51(3):241-7. doi: 10.3164/jcbn.12-38. Impact factor 1.694
10. Ide T, Ono Y, Kawashima H, Kiso Y. Interrelated effects of dihomo-γ-linolenic and arachidonic acids, and sesamin on hepatic fatty acid synthesis and oxidation in rats. Br J Nutr. 2012;108(11):1980-93. doi: 10.1017/S0007114512000141. Impact factor 3.331
11. Ide T. Enzymatic-HPLC method to analyze D-3-hydroxybutyric acid in rat serum. Biosci Biotechnol Biochem. 2010;74(8):1578-82. Impact factor 1.176

著書・総説

1:井手隆 他著.並木満夫, 福田靖子,田代亨編.ゴマの機能と科学, 4 ゴマの栄養と健康の科学.4.4ゴマリグナンの脂肪酸代謝への影響 pp.99-115(4.4.1 n-6系、n-3系脂肪酸の生体内不飽和化反応に及ぼす影響 pp.99-104、4.4.2 脂肪酸β酸化、生合成に及ぼす影響 pp.104-109、4.4.3コレステロール代謝と血清脂質濃度・動脈硬化に及ぼすゴマリグナンの影響pp.110-115)、4.5ゴマリグナンの健康機能 pp.116-118、朝倉書店、東京、2015
2:井手隆.ゴマリグナンの脂肪酸代謝への影響, Functional Food. 7(2):112-188, 2013
3:井手隆 他著.大澤俊彦, 合田敏尚監修.ニュートリゲノミクスを基盤としたバイオマーカーの開発-未病診断とテーラーメイド食品開発に向けて-, 第3編、第3章. ゴマリグナン. pp.89-96.シーエムシー出版, 大阪, 2014
4:井手隆.ポリフェノールの有効性の評価――動物実験の役割、 日本ポリフェノール学会誌 1: 33-45 、2012
5:井手隆 他著.喜多村啓介編.第5章大豆の機能性、第2節脂質の機能性、2.リン脂質の代謝調節機能。p236-243、 大豆のすべて、サイエンスフォーラム、東京 2010

学外社会活動

日本栄養・食糧学会代議員
日本食物繊維研究会評議員
食品新素材協議会学術委員
日本ゴマ科学会評議員
油脂・コレステロール研究会理事

学科紹介