グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > は行  > 星野 祐子

星野 祐子

人間生活学部 文芸文化学科 准教授
星野 祐子(ほしの ゆうこ)

担当講義科目名

日本語学入門
日本語の歴史
日本語文法

講義内容

日本語学入門音声・語彙・文法・方言などの観点から、普段意識しない日本語のしくみや構造について考えます。
日本語の歴史各種文献の具体的な検討を通して、日本語の成立を通時的に観察し、ことばの変化とその要因を探ります。
日本語文法文法項目を体系的・網羅的に学習し、日本語非母語話者に対して文法を客観的に説明できることを目指します。

研究分野

現代日本語学(談話分析・文章表現論)、日本語教育

所属学会

日本語学会社会言語科学会表現学会
文体論学会国際行動学会

学歴

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科国際日本学専攻単位取得退学

経歴

2005年10月~2009年3月お茶の水女子大学国際教育センター 非常勤講師
2006年4月~2011年3月都留文科大学文学部初等教育学科 非常勤講師
2010年4月~2011年3月学習院大学文学部日本語日本文学科 非常勤講師
2010年4月~お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター 客員研究員
2011年4月~2012年3月
十文字学園女子大学短期大学部文学科国語国文専攻 専任講師
2012年4月~2015年3月十文字学園女子大学短期大学部表現文化学科 専任講師
2015年4月~
十文字学園女子大学人間生活学部文芸文化学科 准教授

学位・資格

博士(人文科学)

最近のおもな業績

著書

1.「目的をもった会話の分析―相談談話をモデルにして」(pp.99-133)
高崎みどり・立川和美編『ここからはじまる文章・談話』
ひつじ書房2008年
2.「談話研究からみた「意見・説得」学習への提言」(pp.34-40)
花田修一・村松賢一・若林富男編『相互交流能力を育てる「意見・説得」学習への挑戦』
明治図書2008年
3.「大学生に必要な「読む」「書く」「聞く」「話す」」(pp.13-26)、他3章
高崎みどり編『大学生のための「論文」執筆の手引』
秀和システム2010年
4.「談話研究史」(pp.41-121)「英文文献の紹介」(pp.143-168)
高崎みどり・立川和美編『ガイドブック文章・談話』
ひつじ書房2010年
5.「テレビ・ニュースの文体」(pp.233-240)
中村明・佐久間まゆみ・高崎みどり・十重田裕一・半沢幹一・宗像和重編『日本語 文章・文体・表現事典』
朝倉書店2011年
6.「「対話」指導に関する主張とその考察」(pp.142-150)
花田修一編『「対話」学習の開発』
三省堂
2013年
7.「大学生のディスカッションにおける話題展開の方略とその構造」(pp.233-255)
前田直子編『世界の日本語研究と日本語教育 ビジネス日本語教育の展開と課題』
ココ出版
2015年

論文

1.「日本語相談場面におけるポジティブ・ポライトネス」(pp.317-326)『人間文化論叢』8  お茶の水女子大学大学院人間文化研究科2006年
2.「ラジオの相談番組における司会者の役割と言語行動」(pp.245-254)『人間文化論叢』9 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科2007年
3.「日本語相談談話の談話分析―談話研究の中心的課題と相談談話の分析観点をめぐって」(pp.93-96)『お茶の水女子大学「魅力ある大学院教育イニシアティブ<対話と深化>の次世代女性リーダーの育成 平成18年度 活動報告書』 お茶の水女子大学2008年
4.「日本語相談談話の談話分析―相互行為方略・発達過程を観点に」(pp.48-69)(「第2回博報『ことばと文化・教育』研究助成」優秀賞)
『第2回博報「ことばと文化・教育」研究助成研究成果論文集』 明治書院
2008年
5.「コミュニケーションストラテジーとしての引用表現―発話末の「みたいな」の表現効果」(pp.133-142)『人間文化創成科学論叢』11 お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科2009年
6.「討論場面における質問発話の機能―討論活性化の装置としての質問発話―」(pp.14-24)『国際行動学研究』4 国際行動学会2009年
7.「課題解決型の話し合い活動における協働的な発話連鎖―聞き手の積極的な参与に注目して―」(pp.192-198)『日本文化研究の国際的伝達スキルの育成 平成20年度活動報告書 海外研修事業編』
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科
2010年
8.「課題解決型話し合いにおける手続き的発話」(pp.41-59)『都留文科大学研究紀要』72 都留文科大学2010年
9.「表現学関連分野の研究動向(文章・談話研究)」(p.42)『表現研究』95 表現学会2012年
10.「課題解決型話し合いにおけるワキの聞き手の参与の効果」(pp.147-159)『十文字学園女子大学短期大学部研究紀要』42 十文字学園女子大学短期大学部2012年
11.「ライフスキル教育の文献紹介―大学機関における取り組みを中心に―」(pp.86-92)『十文字学園女子大学短期大学部研究紀要』42 十文字学園女子大学短期大学部2012年
12.「話し合い後の振り返り場面における話題共有と評価の方略」(pp.1-14)『十文字学園女子大学短期大学部研究紀要』43 十文字学園女子大学短期大学部2013年
13.「キャリア教育と関連した表現活動の試み―ワークショップ「短所と長所は表裏」の実践」(pp.113-120)(平野多恵と共著)『十文字学園女子大学短期大学部研究紀要』43 十文字学園女子大学短期大学部2013年
14.「就職活動に生きる日本語表現教育―学生の履歴書指導から見えること―」(pp.87-96)
『十文字学園女子大学短期大学部研究紀要』45 十文字学園女子大学短期大学部
2015年

社会活動

・子ども大学にいざ 実行委員(2015年度~)
・子ども大学しき 実行委員(2014年度~)
・高校への出張授業
 (「自分らしさの言語学」、「日本語学の世界に触れる ―ことばで自分を表現しよう―」)
・市職員向け教養講座
 (「知れば知るほど面白い!日本語のしくみ」)
・子ども向け講座
 (「オノマトペで遊ぼう」、「五感で学ぶ日本語レッスン」)

学科紹介