グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > か行  > 権 明愛

権 明愛

人間生活学部 幼児教育学科 准教授
権 明愛(ケン ミンアイ)

担当科目講義名

障碍児保育
相談援助
発達臨床論

講義内容

障碍児保育保育者として実践場面で出会う障害のある子ども一人ひとりをどう理解し、援助を進めていくかについて実践的に学ぶ。
相談援助保育者としてどのようなソーシャルワークを実践していくことが必要かについて考え、直接援助技術及び間接援助技術について理解を深めながら実践的に学ぶ。
発達臨床論何らかの心の問題や葛藤、発達的課題を持つ子どもを、心理学的な知見や技法を用いて実践的に援助する方法について学ぶ。

研究分野

発達相談・検査を活用した気になる子どもの発達支援、発達障害児者の認知特徴及び療育方法、障碍児者施設における支援方法、障害者福祉、特別支援教育に関する研究

所属学会

日本特別ニーズ教育学科
K-ABC学会日本社会福祉学会

学歴

2009年日本社会事業大学社会福祉学研究科博士課程修了

経歴

2006年埼玉医科大学総合医療センター小児科発達外来心理士(非常勤)(2008年3月まで)
2008年白梅学園大学子ども学部子ども学科非常勤講師(障害児保育)(2009年3月まで)
2009年清瀬市子どもの発達支援・交流センター常勤職員(発達相談と療育を担当)(2011年3月まで)
2011年十文字学園女子大学人間生活学科幼児教育学科有期助手 (2013年3月まで)
2013年十文字学園女子大学人間生活学部幼児教育学科専任講師 (現在に至る)
2014年白梅学園大学子ども学部臨床心理学科非常勤講師(発達アセスメント演習担当)(2015年3月まで)

学位・資格

博士(社会福祉学)

最近のおもな業績

2016年保育者を目指す学生の障害観に関する研究(3)―障害のある子どもの保育についての考えとその変化―.権明愛・鈴木晴子・潮谷恵美・山田陽子.十文字学園女子大学紀要46 81~88頁.
2015年発達の質的転換に繋がる「発達の芽」に着目した発達支援について―保育所における子どもの発達相談を通して―.権明愛・吉原夕希・石原雅子.十文字学園女子大学人間生活学部紀要第12卷 345~355頁.
2014年「就学前における特別支援教育」.渡邉健治、宮﨑英憲監修『戦後日本の特別支援教育と世相』146~152頁).ジアース教育新社.
2013年保育所(園)における発達相談の経過とその効果に関する分析.十文字学園女子大学人間生活学部紀要第10卷 11~28頁.
2012年特別支援教育に関する小中学校の教員の意識に関する研究ーある自治体の教員調査を通してー.権明愛・半澤嘉博・田中謙・岩井雄一・澤隆史・濱田豊彦・渡邉健治.日本特別ニーズ教育学会SNEジャーナル第18巻第1号 80~96頁.
2012年「日本における知的障碍者の成年後見人制度」.李敬、程為敏編『成人知的障害者及び家庭の福祉政策(中国語)』.224~239頁.国防出版社(北京).
2012年戸野みちゑと中国初期の幼稚園教育.権明愛・上垣内伸子.十文字学園女子大学人間生活学部紀要第9卷 29~38頁.

学外社会活動

埼玉県内障害者支援施設の実践アドバイザーと研修講師
埼玉県内私立保育園の発達相談員
国立障害者リハビリテーションセンター主催の「海外発達障害支援制度情報交換会」の委員
SGRA(関口グローバル研究会:日本で博士号を取得した知日派の多分野の学者による研究会)の運営委員

学科紹介