グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > ま行  > 村田 浩子

村田 浩子

人間生活学部 健康栄養学科 准教授
村田 浩子(むらた ひろこ)

担当講義科目名

栄養指導論実習
応用栄養学
学校保健概論

講義内容

栄養指導論実習Ⅰ・Ⅱ対象者の特性に応じた、栄養アセスメントに基づく栄養管理を実習を通して学びます
応用栄養学ライフステージ別の身体状況、栄養状態を理解し、栄養アセスメントに基づく栄養管理の考え方を学びます
学校保健概論学校における保健管理と保健教育について学びます

研究分野

スポーツ科学
応用健康科学
食生活学

所属学会

日本スポーツ栄養学会
European college of Sport Science
日本臨床スポーツ医学会
National Strength and conditioning association
American College of Sports Medicine
日本栄養改善学会
日本体力医学会


学歴

1989年  日本女子大学家政学部食物学科食物学専攻卒業
2012年  日本女子体育大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了
2017年  早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程修了

経歴

1989年株式会社ロッテ中央研究所 基礎研究部生物科学研究室 研究員
1992年医療法人財団 エアロビクスクリニック 栄養科 管理栄養士
1997年
トッパングループ健康保険組合 本部管理栄養士
2010年了徳寺大学非常勤講師(スポーツ栄養学、生化学、栄養学)(~2019年3月)
2017年早稲田大学重点領域研究機構研究助手
2018年
早稲田大学重点領域研究機構次席研究員(研究院講師)(~2019年3月)
2019年
十文字学園女子大学人間生活学部健康栄養学科准教授(現在)

学位・資格

博士(スポーツ科学)
修士(スポーツ科学)
公認スポーツ栄養士
管理栄養士
健康運動指導士
中学高校教員免許(保健)

最近のおもな業績

原著論文(査読付き)

Yoshida A, Ishikawa-Takata K, Tanaka S, Suzuki N, Nakae S, Murata H, Taguchi M, Higuchi M. Validity of combination use of activity record and accelerometry to measure free-living total energy expenditure in female endurance runners. Journal of strength and conditioning research 2018 (in press)
Murata H, Oshima S, Torii S, Taguchi M, Higuchi M. Characteristics of body composition and cardiometabolic risk of Japanese male heavyweight Judo athletes. Journal of Physiological Anthropology. 35:10. 2016
村田浩子、高田和子、夏井裕明、田口素子. 柔道女子重量級競技者における身体組成の特徴とメタボリックシンドロームのリスク.日本臨床スポーツ医学会誌, 21(3), 623-631. 2013
永澤貴昭、村田浩子、夏井裕明、田口素子. 競技者の増量に適した食事方法の検討.日本臨床スポーツ医学会誌, 21(3), 623-631. 2013

著書等出版物

アスリートの栄養アセスメント,第一出版株式会社,2017年
持久性スポーツの特殊性 持久性スポーツと特徴―食事と栄養―, 臨床スポーツ医学34(6),pp.556~561、2017年,文光堂
やさしいスチューデントトレーナーシリーズ 新・スポーツ栄養学,2016年
スマート栄養管理術123 栄養とスポーツの管理が重要であるこれだけの理由,医歯薬出版株式会社,2014年

社会活動

日本スポーツ栄養学会編集委員(査読委員)
日本スポーツ栄養学会評議員
東京都スポーツ文化事業団・東京都競技力向上テクニカルサポート事業 栄養サポートスタッフ

学科紹介