グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > な行  > 中村 禎子

中村 禎子

人間生活学部 食物栄養学科 教授
中村 禎子(なかむら さだこ)

担当講義科目名

臨地実習
総合演習Ⅰ
食物栄養学概論
人間生物化学実験など

講義内容

臨地実習・総合演習Ⅰ臨地における実習ならびにそのための事前・事後指導を行う。
食物栄養学概論管理栄養士を目指す学生が、広い視野と深い洞察力を修得できるように、多角的に講義する。

研究分野

難消化吸収性糖質の腸内細菌を介した生理機能と生体利用性,糖質の消化・発酵・吸収および代謝

所属学会

日本栄養・食糧学会 日本食物繊維学会 老化促進マウス(SAM)研究会 
日本熱帯医学会日本栄養改善学会 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会
日本臨床栄養協会 日本機能性医用学会 日本健康(旧民族衛生)学会  など

学歴

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程(熱帯医学研究所)修了

経歴

東京大学大学院医学系研究科生物医化学(旧保健栄養学)教室
長崎県立大学看護栄養学部栄養健康学科  など

学位・資格

博士(医学) 
管理栄養士

最近のおもな業績

おもな総説

1Oku T, Nakamura S. Fructooligosaccharide: Metabolism through Gut Microbiota and Prebiotic Effect. Food Nutr J (FDNJ-128, open access), 2017.
2中村禎子,田辺賢一,奥 恒行.呼気水素ガス測定を指標の1つとした難消化吸収性糖質の生体利用性の評価.におい・かおり環境学会誌 48: 418-428, 2017.
3奥 恒行,中村禎子.腸内細菌を介したフラクトオリゴ糖の代謝とミネラルの腸管吸収促進作用.日本食物繊維学会誌(ルミナコイド研究)20: 3-11, 2016.
4中村禎子.ヒトにおける難消化性糖質の生体利用ならびに生理機能に関する研究.[平成21年度日本食物繊維学会 学会賞受賞総説].日本食物繊維学会誌 14: 1-12, 2010.

おもな論文

1 Nakamura S, Tanabe K, Yoshinaga K, Shimura F, Oku T. Effects of 1,5-anhydroglucitol on postprandial blood glucose and insulin levels and hydrogen excretion in rats and healthy humans. Br J Nutr 118: 81–91, 2017.
2中村禎子,田辺賢一,宮原明美,泉 千代子,吉永一浩,山崎優子,佐々木菜穂,奥 恒行.ラットを1,5‐アンヒドログルシトール飼料で飼育したときの成長,臓器重量,血液性状ならびに酸化ストレスなどに及ぼす影響.日本食物繊維学会誌(ルミナコイド研究)20: 77-84, 2016.
3 Nakamura S, Tanabe K, Morita S, Hamaguchi N, Shimura F, Oku T. Metabolism and bioavailability of newly developed dietary fiber materials, resistant glucan and hydrogenated resistant glucan, in rats and humans. Nutr Metab (Lond) Feb 16: 13:13, [open access] 2016.
4田辺賢一,後田ちひろ,中村禎子,大曲勝久,奥 恒行.ビワ葉抽出物の二糖類水解酵素阻害作用ならびにラットにおけるグルコースの腸管吸収抑制を介した血糖上昇抑制作用.日本食物繊維学会誌(ルミナコイド研究)20: 85-93, 2016.
5Kato S, Waki K, Nakamura S, Osada S, Kobayashi H, Fujita H, Kadowaki T, Ohe K. Validating the use of photos to measure dietary intake: the method used by DialBetics, a smartphone-based self-management system for diabetes patients. Diabetology International [on line], 2015.
6Oku T, Tanabe K, Morita S, Hamaguchi N, Shimura F, Nakamura S. Digestibility of new dietary fibre materials, resistant glucan and hydrogenated resistant glucan in rats and humans, and the physical effects in rats. Br J Nutr 114: 1550-1559, 2015.
7中村禎子,福島恭子,田辺賢一,志村二三夫,奥 恒行. 性状の異なる難消化吸収性オリゴ糖および糖アルコールの腸内細菌を介した生体利用性―抗菌剤による除菌ラットを用いた検討―. 日本食物繊維学会誌(ルミナコイド研究)19: 11-21, 2015.
8Sadako Nakamura, Yuko Ide-Zaithu, Fumio Shimura, Tsuneyuki Oku.
Hydrolysis of galactosylsucrose (lactosucrose) and the mechanism of monosaccharide release by small intestinal enzymes in human and rat.
Curr Nutr and Food Sci 11: 53-59, 2015.
9Oku T, Murata-Takenoshita Y, Yamazaki Y, Shimura F, Nakamura S.
D-sorbose inhibits disaccharidase activiy and demonstrates suppressive action on postprandial blood levels of glucose and insulin in tha rat.
Nutr Res 34: 961-967, 2014.
10Oku T, Nakamura S.
Evaluation of the relative available energy of several dietary fiber preparations using breath hydrogen evolution in healthy man
J Nutr Sci Vitaminol 60: 246-254, 2014.
11Nakamura S, Kondo N, Yamagichi Y, Hashiguchi M, Tanabe K, Ushiroda C, Kawahashi-Tokuhisa M, Yui K, Miyakoda M, Oku T.
Dietary feeding of fructooligosaccharide or glucomannan delays onset of senescence in SAMP8 mice.
Gastroenterology Research and Practice 2014, Article No. 303184, 2014. [open access]
12Nakamura S, Takami M, Tanabe K, Oku T.
Characteristics hydrolysing of megalosaccharide by human salivary α-amylase and small intestinal enzymes, and its bioavailability in healthy subjects.
Int J Food Sci Nutr 65: 754-760, 2014.
13Tanabe K, Nakamura S, Oku T.
Inaccuracy of AOAC method 2009.01 with amyloglucosidase for measuring non-digestible oligosaccharides and proposal for an improvement of the method.
Food Chemistry 151: 539-546, 2014.
14中村禎子,森田茂樹,宮原明美,清水美希,後田ちひろ,山口喜勇,田辺賢一,奥 恒行.
結晶セルロース含有濃厚流動食の食後血糖上昇ならびにインスリン分泌に対する抑制効果.
New Diet Therapy 29: 21-29, 2013.
15中村禎子,竹下朋哉,田辺賢一,宮原明美,奥 恒行.
ヒトにおけるサラシアキネンシスエキス末の血漿グルコース濃度上昇およびインスリン分泌へ及ぼす抑制作用ならびにその機序の検討.
日本臨床栄養学会雑誌
35: 55-64, 2013.
16中村禎子,田辺賢一,大曲勝久,奥 恒行.
ヒトにおけるダイフラクトースアンハイドライトⅢおよびマンニトールの一過性下痢に対する最大無作用量の検討.
New Diet Therapy
28: 3-14, 2012.
17Nakamura S, Hashiguchi M, Yamaguchi Y, Oku T.
Hypoglycemic effects of Morus alba leaf extract on postprandial glucose and insulin levels in patients with type 2 diabetes treated with sulfonylurea hypoglycemic agents.
Diabetes & Metabolism 2: 9, 2011. [open access]
18中村禎子,田辺賢一,森山実枝,野元加奈恵,奥 恒行.
摂取エネルギー低減を目的とした食物繊維混合疑似米飯の食後血糖上昇ならびにインスリン分泌抑制に及ぼす影響.
日本臨床栄養学会雑誌33: 136-143, 2011.
19山崎優子,中村禎子,志村二三夫,奥 恒行.
ヒトにおけるD-タガトースの一過性下痢に対する最大無作用量,有効エネルギー量ならびに生体における利用性.
日本栄養・食糧学会誌64: 403-413, 2011.
20Tanabe K, Nakamura S, Omagari K, Oku T. 
"Repeated ingestion of the leaf extract from
Morus alba reduces insulin resistance in KK-Ay mice. "
Nutr Res 31: 848-854, 2011.
21Tanabe K, Nakamura S, Oku T.
Fatal imperfection of enzymatic-HPLC quantitative method for non-digestible oligo-saccharide and its proposed solution strategy.
Curr Nutr and Food Sci 7: 209-215, 2011.
22橋口美智留,中村禎子,奥 恒行.
う蝕菌による不溶性グルカン生成ならびに菌体付着能に対する桑葉エキスおよびサラシアエキス末の抑制効果―14C-sucroseを用いた測定方法による評価―.
日本食物繊維学会誌(ルミナコイド研究)15: 13-19, 2011.
23Oku T, Tanabe K, Ogawa S, Sadamori N, Nakamura S.
Similarity of hydrolyzing activity of human and rat small intestinal disaccharidases.
Clin & Exp Gastroenterol 4: 155-161, 2011.

おもな著書

1中村禎子
食物繊維からルミナコイドへ―食物繊維の新しい概念と生理作用―.馬場忠雄,山城雄一郎編集「「新臨床栄養学第2版」.
2012年10月15日 第2版第1刷, p.89-95医学書院,東京.
2Oku T, Nakamura S, Hashiguchi M.
Inhibitory effects of the phytochemicals partially hydrolyzed alginate, leaf extracts of Morus alba and Salacia extracts, on dental caries.
In: Contemporary approach to cariesology, Ed. Li MY.P. 224-240, 2012, In Tech, Croatia.
3中村禎子
消化管下部機能とルミナコイド.海老原清,早川享志,奥 恒行責任編集,日本栄養・食糧学会監修「ルミナコイドのフロンティア」.
p. 208-232, 2010年.建帛社,東京.
4中村禎子
オリゴ糖・糖アルコールの種類と代謝的特徴.日本食物繊維学会編集委員会編集,日本食物繊維学会監修「食物繊維:基礎と応用」.
p.73-90, 2009年 .第一出版,東京.

学外社会活動

日本食物繊維学会常務理事
J-Milk牛乳乳製品健康科学会議分科会委員 など

学科紹介