グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > さ行  > 志村 二三夫

志村 二三夫

十文字学園女子大学学長
十文字学園女子大学大学院人間生活学研究科長・教授
志村 二三夫(しむら ふみお)

主な担当講義科目名

食・健康と栄養の科学(修士課程)  特別研究(博士後期課程)

講義内容

食・健康と栄養の科学「食あっての栄養,栄養あっての健康」という事実,「栄養」が「食」と「健康」を連合させる現象である事実に立ち返り,栄養とは何か,人間にとっての栄養(人間栄養)とは何かをあらためて論考する。
特別研究博士論文作成のための研究指導(2名)

研究分野

栄養生理生化学  食品保健安全学  
遺伝子解析技法を用いる食品の機能性・安全性評価

所属学会

日本栄養改善学会(評議員)日本栄養・食糧学会(評議員)日本ポリフェノール学会(理事) 等

学歴

1972年東京大学医学部保健学科卒業
1977年東京大学医学系研究科博士課程保健学專攻修了(保健学博士)

経歴

1977年東京大学医学部保健学科助手
1978年東京大学大学院医学系研究科保健学専攻助手を併任
1980年~1982年コーネル大学/ニューヨーク州立獣医科大学生理部門
リサーチアソシエート
1994年十文字学園女子短期大学家政学科食物栄養専攻教授
2002年十文字学園女子大学人間生活学部食物栄養学科教授
(改組により)
2010 年十文字学園女子大学副学長
大学院人間生活学研究科食物栄養学専攻教授・専攻主任
2014 年ベトナム国ハノイ医科大学客員教授
2017 年十文字学園女子大学学長
大学院人間生活学研究科長

最近のおもな業績

(論文・報告書等)

Nakamura S, Tanabe K, Yoshinaga K, Shimura F, Oku T (2017) Effects of 1,5-anhydroglucitol on postprandial blood glucose and insulin levels and hydrogen excretion in rats and healthy humans. British Journal of Nutrition 118, 81-91
[https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28820081]
名倉秀子, 山﨑芳江, 栗﨑純一, 志村二三夫, 橋本真, 八巻公紀, 尾崎健市, 白砂正明, 大村相哲, 松村千香, 堀江寿美, 中林富嗣, 河西康太, 岩下隆(2017)学校給食における5献立の品質管理の検討.日本食育学会誌 11,25-34
[https://www.jstage.jst.go.jp/article/shokuiku/11/1/11_25/_article/-char/ja]
Nakamura S, Tanabe K, Morita S, Hamaguchi N, Shimura F, and Oku T (2016) Metabolism and bioavailability of newly developed dietary fiber materials, resistant glucan and hydrogenated resistant glucan, in rats and humans. Nutr Metab (Lond) 13: 13^24.
[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4754851/pdf/12986_2016_Article_73.pdf]
Oku T, Tanabe K, Morita S, Hamaguchi N, Shimura F and Nakamura S (2015): Digestibility of new dietary fibre materials, resistant glucan and hydrogenated resistant glucan in rats and humans, and the physical effects in rats. British Journal of Nutrition 114, 1550-1559.
[ http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=10010840&fileId=S0007114515003311]
Oku T, Murata-Takenoshita Y, Yamazaki Y, Shimura F and Nakamura S (2014): d-Sorbose inhibits disaccharidase activity and demonstrates suppressive action on postprandial blood levels of glucose and insulin in the rat. Nutrition Research 34, 961–967.
[http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0271531714001948]
Umegaki K, Yamazaki Y, Yokotani K, Chiba T, Yoko S and Shimura F (2014): Induction of fatty liver by Coleus forskohlii extract through enhancement of de novo triglyceride synthesis in mice. Toxicology Reports 1, 787-794.
[http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214750014000948]
志村二三夫(2014):製品の品質と原材料の安全性に関する研究 薬物代謝酵素cytochrome P450への影響を指標とするハーブ製品の安全性評価,厚生労働科学研究費補助金 食品の安全性確保推進事業 いわゆる健康食品による健康被害情報の因果関係解析法と報告手法に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書,主任研究者 梅垣敬三,29-38.
次山直美,志村二三夫,佐々木菜穂(2013):酵素サイクリングアッセイによる非放射性標識2-deoxyglucoseの細胞内取り込みの測定法に関する基礎的検討,十文字学園女子大学人間生活学部紀要 11, 163-175.
志村二三夫(2013): ハーブサプリメントの現状と展望,Medical Herb 23, 22-25.
Virgona N, Yokotani K, Yamazaki Y, Shimura F, Chiba T, Taki Y, Yamada S, Shinozuka K, Murata M and Umegaki K (2012): Coleus forskohlii extract induces hepatic cytochrome P450 enzymes in mice. Food and Chemical Toxicology 50, 750–755.
[http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278691511006521]
山崎優子, 中村禎子, 志村二三夫, 奥恒行(2011):ヒトにおけるD-タガトースの一過性下痢に対する最大無作用量, 有効エネルギー量ならびに生体における利用性,日本栄養・食糧学会誌 64,403-413.
[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/64/6/64_6_403/_pdf]
山崎優子,端田寛子,志村二三夫(2011):人気の高いハーブサプリメント素材のNatural Medicines Comprehencive Databaseに基づく安全性および有効性の評価検討,栄養学雑誌,69,267-279.
[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/64/6/64_6_403/_pdf]
Taki Y, Yamazaki Yuko, Shimura F, Yamada S and Umegaki K (2009): Journal of Pharmacological Sciences 109, 459-462.
[https://www.jstage.jst.go.jp/article/jphs/109/3/109_08198SC/_pdf]
Yamazaki Y, Hashida H, Arita A, Hamaguchi K and Shimura F (corresponding author) (2008): High dose of commercial products of kava (Piper methysticum) markedly enhanced hepatic cytochrome P450 1A1 mRNA expression with liver enlargement in rats. Food and Chemical Toxicology 46, 3732-3738.
[http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278691508005516#]
山崎優子,志村二三夫(2007):抗うつ作用を志向するハーブ類サプリメントのエビデンス,アンチエイジング医学-日本抗加齢医学会雑誌 3, 33-41.

その他(以前の主な論文の一部)
Shimura F and Wasserman RH (1984): Membrane-associated vitamin D-induced calcium binding protein(CaBP): Quantification by a radioimmunoassay and evidence for a specific CaBP in purified intestinal brush borders, Endocrinology 115, 1964~1972.
Shimura J., Shimura F (corresponding author). and Hosoya N (1985): Functional disability of rat splenocytes provoked to lipid peroxidation by cumene hydroperoxide. Biochimica Biophysica et. Acta 845, 43~47.
Kanda A., Ikeda S, Shimura F (corresponding author) and Hosoya, N (1986): Solubi1ization of 1, 25-dihydroxyvitamin D3 receptor with pyridoxal 5'-phosphate from hen intestina1 mucosa, Journal of Steroid Biochemistry 25, 333~341

(著書・冊子等)

志村二三夫(2016):導入教育 第2版 信頼される専門職となるために(第2章1-1「栄養学の歴史・医学と栄養」,第2章2「栄養学の歴史・食生活・栄養と健康の変化と課題」の執筆を担当),特定非営利活動法人日本栄養改善学会監修,伊達ちぐさ・木戸康博編,医歯薬出版.
志村二三夫,石田 均(編)(2016):カレント 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち1,建帛社.
志村二三夫,石田 均(編)(2015):カレント 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち2,建帛社.
志村二三夫,岡純,山田和彦(編著)(2014):解剖生理学 人体の構造と機能 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド),羊土社.
志村二三夫,岡純,山田和彦(編著)(2014):解剖生理学ノート 人体の構造と機能 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド),羊土社.
志村二三夫(2013):NR・サプリメントアドバイザー必携(第8章食品安全衛生学を担当),日本サプリメントアドバイザー,第一出版.
志村二三夫(監修)(2013):元気をふやす食事の本(志木市教育委員会・大塚製薬・ニュータイムス社・大村商事との共同プロジェクトに基づく冊子),ニュータイムス社.
志村二三夫(共同編集)(2012):健康・栄養学辞典,中央法規.
志村二三夫(担当箇所執筆主査)(2008):食品機能性の科学(「第3章機能性食品としてのハーブ・スパイス」担当),西川研次郎監修,藤田哲編集幹事,大澤俊彦・斉藤衛郎・清水誠・津志田藤二郎編.,産業技術サービスセンター(全1,180頁)
清水俊雄,篠塚和正,志村二三夫(2006):薬事日報社(全544頁).
その他

学外社会活動

内閣府消費者委員会臨時委員(新開発食品調査部会委員,同新開発食品評価第一調査会座長)
厚生労働省働省薬事・食品衛生審議会専門委員
東京都食品安全情報評価委員会委員長       
日本サプリメントアドバイザー認定機構教育企画認定委員 
管理栄養士国家試験委員(2003~2013年)  
独立行政法人国立健康・栄養研究所認定栄養情報担当者認定委員会委員(2003~2013年)    
日本栄養改善学会学会誌編集委員長(2007~2009年)
その他

表彰

栄養士養成功労者厚生労働大臣表彰  
埼玉県栄養士養成功労者知事表彰
特定非営利活動法人日本栄養改善学会功労賞

学科紹介