グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > さ行  > 相馬 満利

相馬 満利

人間生活学部 健康栄養学科 助教
相馬 満利(そうま まり)

担当講義科目名

身体運動Ⅰ
健康づくりの運動
健康管理概論

講義内容

身体運動Ⅰ協働型および競争型のスポーツやレクレーションを織り交ぜ、数種類の体育実技を行う。
健康づくりの運動児童から高齢者を対象として、年齢・体力・健康状態など個人差を配慮して効果的な運動計画の立て方。
保健体育科教育法
「保健体育分野」の学習指導について実践例をもとに授業のあり方を理解し、指導案の作成、模擬授業の実施し、指導方法を学修する。

研究分野

バイオメカニクス
形態計測学
スポーツ科学

所属学会

日本体育学会     日本体力医学会     日本バイオメカ二クス学会

学歴

日本体育大学 大学院 体育科学研究科 博士前期課程 修了

経歴

2012年
第13回世界女子ソフトボール選手権大会 日本代表 優勝
2013年
ルネサスエレクトロニクス株式会社 実業団女子ソフトボールチーム 入団
2014年ルネサスエレクトロニクス株式会社 実業団女子ソフトボールチーム 退団
2015年
日本体育大学大学院 博士前期課程 入学
2017年
日本体育大学大学院 博士前期課程 修了
2017年
十文字学園女子大学 人間生活学部 健康栄養学科 助教(現在に至る)

学位・資格

日本体育大学大学院 修士(体育科学)

最近のおもな業績

相馬満利,柏木悠,小林哲郎,藤戸靖則,髙橋流星,船渡和男:中学女子ソフトボール選手における形態および体力的要素の関係.東京体育学研究8,2017
相馬満利,柏木悠,袴田智子,船渡和男:ジュニア男子器械体操選手における人体形状相同モデルを用いた形態的特徴.第67 回日本体育学会大会,2016
相馬満利,柏木悠,袴田智子,船渡和男:女子競泳選手における人体形状相同モデルを用いた形態的特徴.第24 回日本バイオメカニクス学会大会,2016
相馬満利,柏木悠,袴田智子,船渡和男:大学男女競泳選手における人体形状相同モデルを用いた性差および競技特性.第71 回日本体力医学会大会,2016
相馬満利,柏木悠,髙橋流星,船渡和男:大学女子ソフトボール選手における三次元人体形状相同モデルを用いたポジション特性の検討.日本野球科学研究会 第4回大会,2016

学科紹介