グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > さ行  > 設楽 優子

設楽 優子

語学教育セクター 准教授
設楽 優子(したら ゆうこ)

担当講義科目名

英語音声学I・II
ことばへの気づきワークショップ
英語 I

講義内容

英語音声学I・II一般音声学・調音音声学の基礎を学び、英語の個々の音・リズム・イントネーションを改善する
ことばへの気づきワークショップ
ことばのしくみ・働き・楽しさ・豊かさに気づく協同的授業(音声担当)
英語 I 総合英語科目(初年次向け)

研究分野

英語音声学

所属学会

日本音声学会
英語映画アカデミー学会
International Phonetic Association 
全国英語教育学会
岩崎研究会 

学歴

University of London (University College London音声学修士)修了
東京外国語大学大学院 外国語学研究科(文学修士)修了

経歴

1996年十文字学園女子大学 社会情報学部 講師
1997年~2014年埼玉大学・東洋大学・東京外国語大学・成蹊大学・明治大学 非常勤講師
2011年十文字学園女子大学 人間生活学部 准教授
2015年十文字学園女子大学語学教育セクター 准教授

学位・資格

MA in Phonetics(音声学修士)
文学修士
高校教諭二級普通免許(英語)
Institute for the International English Education of Children Teacher Training Certificate

最近のおもな業績

2017年9月, Yuko Shitara, A set of keywords representing vowel phonics for EFL learners, Speak Out! The Journal of the IATEFL Pronunciation SIG, Issue 57, pp.43—52.
2017年8月, 設楽優子, 「フォニックス的キーワード集のCEFR-Jによる検証」,『全国英語教育学会 第43回島根研究大会発表予稿集』pp.422-423.
2017年8月, 設楽優子, 「フォニックス的キーワード集のCEFR-Jによる検証」全国英語教育学会 第43回島根研究大会 第14室11:30―11:55口頭発表.
2017年3月, 設楽優子・向後朋美, 「英語習熟度の2015年度内比較」, 『十文字学園女子大学紀要』 第47集, pp.179-190.
2016年10月8日, Yuko Shitara, A Set of Keywords Representing Vowel Phonics for Japanese EFL Learners (Oral Presentation), in International Association of Teachers of English as a Foreign Language Pronunciation SIG Event in Brighton.
2015年12月, 設楽優子・向後朋美, 「英語習熟度の経年比較」, 『十文字学園女子大学紀要』 第46集, pp.127-137.
2013年12月, 設楽優子・島村豊博・向後朋美, 「2012年度外国語選択状況とCASEC結果報告」, 『十文字学園女子大学人間生活学部紀要』第11巻, pp.177-189.
2012年12月, 設楽優子・島村豊博・向後朋美, 「2011年度外国語選択状況とCASEC結果報告」, 『十文字学園女子大学人間生活学部紀要』第10巻, pp199-211.
2012年3月, 向後朋美・島村豊博・設楽優子, 「2008年度~2010年度CASEC結果の総括と共通英語教育」, 『十文字学園女子大学社会情報論叢』第15号, pp.23-55.
2006年7月, 竹林滋・設楽優子・内田洋子(訳), 『実践音声学入門』, 大修館書店.(J. C. Catford (2002), A Practical Introduction to Phonetics, Second Edition. Oxford University Press.)
2002年3月, 『新英和大辞典』第六版(発音分担執筆), 研究社.

学科紹介