グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > た行  > 高橋 正人

高橋 正人

人間生活学部 健康栄養学科 教授
高橋 正人(たかはし まさと)

担当講義科目名

公衆衛生学     解剖生理学

講義内容

公衆衛生学健康・運動に詳しい栄養士を養成するにあたって必要な衛生学・公衆衛生学の基礎知識を講義する。
解剖生理学健康・運動に詳しい栄養士を養成するにあたって必要な解剖生理学の基礎知識を講義する。

研究分野

内科学     内分泌代謝学     スポーツ医学

所属学会

日本内科学会日本内分泌学会(評議員)日本体力医学会(評議員)
日本臨床スポーツ医学会日本温泉気候物理医学会

学歴

1985年信州大学医学部医学科卒業

経歴

1985年東邦大学医学部第一内科研修医、以後研究生、特別研究生
1994年国際武道大学体育学部講師、以後助教授、准教授、教授、
1996年より同大学院武道・スポーツ研究科兼任
2014年十文字学園女子大学 21世紀創生部 特任教授
2015年十文字学園女子大学 人間生活学部健康栄養学科 & 大学院人間生活学研究科食物栄養学専攻(修士課程) 教授
2016年十文字学園女子大学 人間生活学部健康栄養学科 & 大学院人間生活学研究科食物栄養学専攻(修士課程)(博士後期課程) 教授

学位・資格

博士(医学)(東邦大学)

研究業績

健康長寿を目指す健康管理学 2011年八千代出版:第1版編者:岡田悦政
共著者:近藤照敏、白石安男、萩本逸郎、高橋正人、神田裕子、松尾善美、山本大誠、小林敏生、福渡努
Harmful effects on organs and tissues were evident in rats during the first “steroid cycle” with the use of androgenic anabolic steroid GAZZ MED ITAL - ARCH SCI MED 2009; 168: 129-141 共著者:Masato Takahashi, Yukitoshi Tatsugi, Tosihiko Kohno
Analysis of communications about drug abuse among players of American football or athletes in Japan.Gazzetta Medica Italiana 2012 171:157-164 共著者:Masato Takahashi, Yukitoshi Tatsugi, Tosihiko Kohno
Investigation of the Attitudes of Japanese Physical Educational University Students toward Doping in Sports J Sports Med Doping Stud 2013 3:122 共著者:Masato Takahashi Yukitoshi Tatsugi, Tosihiko Kohno
スポーツにおける薬物乱用者に対するインターネットを用いた副作用相談
2011年 国際武道大学研究紀要:第26号、158-160 共著者:高橋正人、立木幸敏、河野俊彦
蛋白同化ステロイドの投与が雌ラットに与える影響 2011年国際武道大学研究紀要:第26号、162-165 共著者:高橋正人、立木幸敏、河野俊彦

学外社会活動

総合内科専門医     内分泌代謝専門医(内科)     温泉療法専門医     産業医
日体協公認スポーツドクター

学科紹介