グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > た行  > 富井 友子

富井 友子

人間生活学部 人間福祉学科 講師
富井 友子(とみい ともこ)

担当講義科目名

高齢者に対する支援と介護保険制度
相談援助演習
相談援助実習指導

研究分野

高齢者福祉

所属学会

日本社会福祉学会日本地域福祉学会
日本福祉介護情報学会

学歴

2004年 立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ福祉学科 卒業
2006年 東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程 修了
2013年 立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科博士課程後期 退学
2015年 立教大学 博士(コミュニティ福祉学)取得

経歴

認知症対応型共同生活介護事業所(介護職員)
特定施設入所者生活介護事業所(介護職員)
市役所非常勤嘱託職員(介護保険認定調査員)
十文字学園女子大学人間生活学部人間福祉学科(有期助手)

学位・資格

博士(コミュニティ福祉学)
社会福祉士
介護福祉士

最近のおもな業績

論文

「相談援助実習における実習内容と達成度自己評価との関連~日本社会福祉士養成校協会実習評価表を用いて~」十文字学園女子大学, 『十文字学園女子大学紀要』No.46, pp43-52.
2016年
「小規模多機能型居宅介護事業におけるサービス利用内容の経年的変化と特徴」十文字学園女子大学,
『十文字学園女子大学人間生活学部紀要』, No.11, pp67-75,
2013年
「小規模多機能型居宅介護における在宅療養支援診療所との情報連携の実態と課題」
日本福祉介護情報学会, 『福祉情報研究』 No.7
2011年

報告書

立教大学(研究代表者:森本佳樹)
『H21年度厚労省老健事業 小規模多機能ケアにおける専門職連携のあり方に関する研究報告書』(第2章、第3章第1節一部分担執筆)
2010年3月
立教大学(研究代表者:森本佳樹)
『H20年度厚労省老健事業 地域包括ケアにおける小規模多機能型居宅介護のあり方に関する研究報告書』(第3章第1節、第2節分担執筆)
2009年3月
立教大学(研究代表者:森本佳樹)
『H19年度厚労省老健事業 地域密着型サービスの今後の在り方に関する調査研究報告書』(第2章第1節分担執筆)
2008年3月

その他

実践・調査報告「福祉専門職養成における災害教育プログラムの開発のための基盤研究~石巻・女川スタディプログラムの試行を通して~」十文字学園女子大学, 『十文字学園女子大学紀要』No.47, pp199-213.

研究ノート「認知症高齢者の生活支援における近隣住民とのネガティブな関係性に対する支援技術の検討 -小規模多機能型居宅介護利用者の事例検討を通した考察-」十文字学園女子大学, 『十文字学園女子大学人間生活学部紀要』, No.12, pp255-268, 2014年
横浜市(受託先:NPO法人市民セクターよこはま)
「横浜市小規模多機能型居宅介護事業 事例集」(分担取材・執筆)
2011年3月
片山友子, 橋本正明
「日本における認知症研究の歩み~先駆者長谷川和夫先生へのインタビュー」
『立教大学コミュニティ福祉学部紀要』No.12
2010年3月

社会活動

日本福祉介護情報学会理事(2015年~現在)
認定NPO法人暮らしネット・えん理事(2015年~現在)
新座市認知症総合事業検討委員会委員(2016年~現在)
社会福祉法人橙評議員(2017年~)

学科紹介