グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教員情報カテゴリ  > や行  > 山田 陽子

山田 陽子

人間生活学部 幼児教育学科 教授
山田 陽子(やまだ ようこ)

担当講義科目名

障碍児保育Ⅰ
保育内容の指導法「人間関係」
保育カリキュラム論

講義内容

障碍児保育Ⅰ障碍の種別毎に、その障碍を知り、その障碍のある子どもと周りの子どもと保育者との一緒の保育方法を学ぶ。
保育内容の指導法
「人間関係」
子どもの人間関係の発達の過程を理解し、年齢に応じた保育者の援助について学ぶ。
保育カリキュラム論保育カリキュラム作成の基盤となる「子どもの遊びの意義と保育者の役割」「子どもの発達における遊びの価値」等を学ぶ。

研究分野

保育学

所属学会

日本保育学会OMEP日本委員会会員

学歴

平成元年3月
兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程幼児教育専修終了

経歴

昭和50年4月旭学園佐賀女子短期大学附属二葉幼稚園教諭
昭和57年4月佐賀電波学園城北幼稚園主任教諭
平成元年社会福祉法人愛育養護学校(平成11年度より学校法人)教諭
平成14年4月中部学院大学短期大学部幼児教育学科助教授
平成22年4月中部学院大学短期大学部子ども学部子ども学科教授
平成23年十文字学園女子大学人間生活学部幼児教育学科教授

学位・資格

学校教育学修士

最近のおもな業績

子どもの気持ちに寄り添った理解と援助を考える(17)単著平成24年5月乳幼児の教育12-18頁
子どもの気持ちに寄り添った理解と援助を考える(18)単著平成24年7月乳幼児の教育12-18頁
子どもの気持ちに寄り添った理解と援助を考える(19)単著平成24年10月乳幼児の教育12-18頁
子どもの気持ちに寄り添った理解と援助を考える(20)単著平成25年1月乳幼児の教育12-18頁
共通科目「読書入門」の授業研究~テキスト「星の王子様」を通して~単著平成25年12月人間生活学部紀要第11巻135-149頁
障碍のある子どもが集団の中にあって自分らしく生きるための援助単著平成25年5月日本保育学会66回大会発表要旨集P658
保育者を目指す学生の障害観に関する研究(2)─障碍のある子どもとの出会い経験の実態把握─共著平成26年12月人間生活学部紀要12巻217-226頁
授業「障碍児保育Ⅰ」で障碍のある「こども」理解を援けるテキストとしての絵本活用の試み単著平成27年9月全国保育士養成協議会第54回研究大会研究発表論文集P171

社会活動

朝霞市子ども・子育て会議副会長
越谷保育専門学校学校関係者評価委員
越谷保育専門学校教育課程編成委員

学科紹介