グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


人間生活学部

ホーム >  人間生活学部 >  食品開発学科 >  主な進路・就職

主な進路・就職



女性の視点やアイデアを必要とする場が、あなたを待っています。
※内定者と卒業生は、食物栄養学科の学生です。

内定者紹介

グルテンフリーのパン作りを通じて
食品開発のやりがいを感じました。

内定先:株式会社 ギンビス(総合職)

食品メーカーを志したきっかけは、ゼミ活動です。グルテンフリーのパンを作ったのですが、最初は思うように焼きあがらず、何十回を失敗を繰り返しました。チームの仲間と油分の見直しや苦味の調整などをして、上手に焼きあがったことは自信につながりました。就職活動では、パン作りを通して気づくことができた自分の強みをアピールし、内定をいただくことができました。就職後は製造や営業などといったさまざまな職種で経験を積み上げていきたいです。そして、いずれは大学で培った知識を活かして、アレルギー対応など幅広いニーズに応えられるような商品開発に携わりたいと思います。

食育講座や企業とのコラボレーションなど
多くの現場体験ができました。

内定先:株式会社 武蔵野(総合職)

高校時代から理系科目が得意で、食に関わる仕事に興味があり十文字に入学しました。大学では調理を中心とするゼミに所属し、保育園でのビタミンの大切さを伝える食育講座を開催したり、地元デパートの洋食店とともにコラボレーションメニューを開発。こうした経験から、食品開発ができる仕事に就きたいと考えるようになりました。就職活動中には、コミュニケーション力を褒められたことがありましたが、十文字で過ごした4年間の学びや活動の中で培われたものだと思います。就職後は総合職としてスタートしますが、将来は開発に携わって会社を代表するような商品を生み出したいです。


食品開発のスペシャリストとして活躍する
~様々な業界や職種で活躍できます~

卒業生紹介

試行錯誤しながらレシピ作成した経験が
現在に役立っています。

勤務先:株式会社 ファーストフーズ

コンビニエンスストア向けのおにぎりの開発業務に携わっています。
自分が思い描いた通りの味にならないことが多いので大変ですが、調味料や具材の配合を調整しながら理想の味に近づけたときはやりがいを感じます。大学時代は食品開発系のゼミに所属し、「にんじん畑ドレッシング」のアレンジレシピを作成しました。ゼミ生同士でアイデアを出し合いながら試行錯誤した経験は、現在の仕事にも活かされていると感じます。今後は自分で開発した商品を提案する機会も増えてくるので、自分の考えを正確に伝えられるようになりたいです。そして、食への好奇心を持ち続け、お客様目線の商品を開発していきたいと思います。

大学で学んだ知識を商品開発に活かしています。
勤務先:キューピー株式会社

現在はタマゴ加工品の商品開発を担当しています。苦労して開発した商品が店頭に並び、お客様に「おいしい」と喜んでいただけることが一番のやりがいです。大学では同じ目標に向かう仲間や尊敬する先生方と出会えたおかげで、充実した毎日を送ることができました。特に、「食品化学」や「食品衛生学」の授業で得た知識が現在の業務に役立っていると感じます。また、十文字はたくさんの方々が夢の実現をサポートしてくださいます。私自身、就職支援課の皆さんによる手厚い支援のおかげで、第一志望の企業に入社することができました。常に目標をもって学ぶ姿勢を忘れず、素敵な学生生活を送ってください。