グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


人間生活学部

ホーム >  人間生活学部 >  食品開発学科 >  主な進路・就職

主な進路・就職



女性の視点やアイデアを必要とする場が、あなたを待っています。
※内定者と卒業生は、食物栄養学科の学生です。

内定者紹介

食事本来の楽しさを届ける、食品開発をめざしたい。
内定先:株式会社グルメデリカ(総合職)

もともとは病院や介護施設などの管理栄養士をめざしていたのですが、実習で訪れた病院で、食事制限から食べることを自由に楽しめない患者さんの現実を知りました。その経験から、健康な人たちには、食事本来の喜びを十分に感じることで笑顔になってもらいたいと思い、食品開発の分野を志すようになりました。実体験がもとになった食品開発への思いは、面接でも強くアピールできたので、内定を得られた決め手にもなったと感じます。食品開発に携われた際には、大学の学びを活かして栄養バランスとおいしさを両立した商品はもちろん、「ツナマヨ」のような新しい味わいを生み出す、新ジャンルの商品も手掛けてみたいと思います。

トレンドやニーズを抑え、食の可能性を追求し続けたい。
内定先:デリシャス・クック株式会社(総合職)

子どもの頃から母の料理を積極的に手伝うなど食への関心が強く、入学前から食品関係の職業をめざしていました。食品開発の道を志すようになったのは、授業で栄養学を学んでからコンビニなどを利用する際に商品の栄養表示を見ることが習慣となり、製造元の食品会社に興味を持ったのがきっかけです。食品開発に関わる企業を受けた際に、最も重視された点はやはり「食への関心度」だったと思います。選考では食品のトレンドや、近年の中食業界の傾向などについて問われることが多くありました。今後も世間ではどういった商品が求められているかなど、常にアンテナを張って食への探究心を忘れず、知識と経験を積み重ねていきたいと思います。


食品開発のスペシャリストとして活躍する
~様々な業界や職種で活躍できます~

卒業生紹介

繊細な気持ちとあきらめない心で
おいしいパンを作り続けます。

勤務先:伊藤製パン株式会社

開発部に所属し、食品企業に供給するプライベートブランドや弊社のナショナルブランドのパン製品を担当しています。パン製品の開発で気をつけていることは、材料への配慮です。例えば、生地に使用する粉や調味料は、焼き上がり後の色合いなどを想像しながら細かく選別・配合しなくてはなりません。作業で行き詰まったときは、先輩社員に相談しながら試行錯誤をくり返し、理想の商品に近づけます。完成までの道のりは長く大変ですが、イメージより美味しく仕上がったときや店頭に商品が並ぶときは、開発者としてのやりがいと喜びを感じます。今後はパン作りの知識をさらに身につけ、ご依頼以上の商品を開発していきたいです。

大学で学んだ知識を商品開発に活かしています。
勤務先:キューピー株式会社

現在はタマゴ加工品の商品開発を担当しています。苦労して開発した商品が店頭に並び、お客様に「おいしい」と喜んでいただけることが一番のやりがいです。大学では同じ目標に向かう仲間や尊敬する先生方と出会えたおかげで、充実した毎日を送ることができました。特に、「食品化学」や「食品衛生学」の授業で得た知識が現在の業務に役立っていると感じます。また、十文字はたくさんの方々が夢の実現をサポートしてくださいます。私自身、就職支援課の皆さんによる手厚い支援のおかげで、第一志望の企業に入社することができました。常に目標をもって学ぶ姿勢を忘れず、素敵な学生生活を送ってください。