グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  地域連携共同研究所プロジェクト「HUGネット」の活動が「彩の国埼玉環境大賞」県民部門 優秀賞を受賞しました

地域連携共同研究所プロジェクト「HUGネット」の活動が「彩の国埼玉環境大賞」県民部門 優秀賞を受賞しました


児童教育学科 星野 敦子 教授による地域連携共同研究所のプロジェクト「地域人材育成と環境保全を目指したネットワークの構築」として展開している「ふるさとの緑と野火止用水をはぐくむ会(HUGネット)」の活動が、令和2年度彩の国埼玉環境大賞 県民部門で優秀賞を受賞しました。
この活動は、新座市の野火止用水や雑木林の保全に関わる複数の市民団体の連携を促進するため、本学がプラットフォームとなり市を含めたネットワークとして2015年に発足したものです。
13の市民団体が参加し、子どもの自然体験や、ホタルの再生など長年にわたる取り組みの成果が表彰の対象となりました。
表彰式は、令和3年3月9日(火曜日)埼玉県知事公館にて行われる予定です。

▼埼玉県HP|令和2年度彩の国埼玉環境大賞の受賞者を決定-新たに県民・事業者各部門から大賞を選定-
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2020/0209-01.html