グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  社会情報デザイン学科 松本 晃子ゼミの学生が企画・開発に参加したオリジナルスマート手帳が、セブンマイルプログラムの商品に採用されました

社会情報デザイン学科 松本 晃子ゼミの学生が企画・開発に参加したオリジナルスマート手帳が、セブンマイルプログラムの商品に採用されました


社会情報デザイン学科 松本晃子ゼミの学生が企画・開発に参加したオリジナルスマート手帳が、セブンマイルプログラム(株式会社セブン&アイ・ホールディングス)の商品に採用されました。
この商品「手のひらサイズのスマート手帳 MEMOCCHI 照紗ver」は、松本晃子ゼミの学生が発案したアイデアを元に、文具メーカー・ぺーパリー社がプロダクト化。国内外での活躍中の人気女性クリエーター照紗がセブンマイルプログラムだけの書き起こしデザインを施した手帳です。
12月2日~12月15日の間、セブンマイルプログラムのアプリ/ウェブサイトに掲載され、マイルで交換が可能となります。

▼セブンマイルプログラム
https://www.7mp.omni7.jp/

学生の声

新型コロナウイルスの影響で打ち合わせもうまくいかなかった時期もあり、大変なこともありましたが、実際に商品化できた今、嬉しさと達成感でいっぱいです。企業とコラボして商品開発ができた貴重な経験になりました。
(生活情報学科 3年生)

イラストも入って完成した手帳

新たに開発中の「女子大生のための手帳」